好きなことをコツコツ情報発信していくブログ

映画

【アナと雪の女王図鑑】雪だるまにトナカイ?キャラクターの名前って覚えてる?

投稿日:2019年10月29日 更新日:

こんにちは!はなこです。

2013年公開の大ヒットディズニー映画「アナと雪の女王」

その続編となる「アナと雪の女王2」が2019年11月22日(金)に日米同時公開となります。

「なぜエルサに魔法の力が与えられたのか?」

前作では語られることのなかった謎が明らかとなる今作。

前作と併せて「アナと雪の女王」という物語は完結するということで、今から楽しみにしている人はきっと世界中にいることでしょう。

はなこ
大ヒット間違いなし!

という事で、この記事では「アナと雪の女王2」に登場するかもしれない前作の主要キャラクターたちをご紹介します。

 

アナと雪の女王2の日本版本予告

前作にも増して壮大なスケールで描かれる今作。

前作「アナと雪の女王」で解き明かされなかった「エルサに与えられた力の秘密」「姉妹の知られざる過去」とは一体何なのでしょうか?

ほはば
今作でも前作の主要キャラクターたちは登場するようだね!

 

「アナと雪の女王1」の登場キャラクター

エルサ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ディズニー・スタジオ(@disneystudiojp)がシェアした投稿 -

この物語の主人公の一人。

両親が亡くなった後、アレンデール王国の女王となります。

妹の面倒見が良く、しっかり者のお姉さんといった雰囲気。

氷と雪を操る魔法を使うことができますが、そのことが原因で長年苦しむことになります。

エルサがまだ幼い頃、大好きな妹のアナと遊んでいた時に、エルサの魔法が誤ってアナの頭に当たってしまいました。

アナの命はなんとか助けることができたものの、その出来事をきっかけにエルサはお城の中で人目につかないように生活するように。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Disney’s Frozen 2(@disneyfrozen)がシェアした投稿 -

お城の中で人目につかないように生活していたエルサですが、エルサの20歳を祝う戴冠式の時、ついに、ずっと秘密にしてきたエルサの魔法が人々に知られてしまいます。

一人逃げるように城を去り、山奥まで来たエルサは、そこに魔法で氷の城を作り、今まで閉じ込めていた“ありのまま自分”を解放します。

お城の中で自分の魔法に怯えながら過ごしていた時のエルサは髪型も服装も、なんだかマダムのような雰囲気でした。

はなこ
観る前にイメージしてたエルサとはなんだか違う感じ…。

しかし、ここでエルサは内面も外見も大きな変化を遂げます。

髪型や服装は優雅で華やかで、まさに“プリンセス”。

顔つきにも自信がみなぎっています。

エルサが「ありの~♪ままの~♪」と歌いながら変化していくシーンは、あまりにも有名で物語が一番盛り上がるところ。

私も、やはりこのシーンが一番好きです。

 

アナ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Disney’s Frozen 2(@disneyfrozen)がシェアした投稿 -

この物語の主人公の一人でエルサの妹。

明るく無邪気、天真爛漫な妹で、王子様との運命の出会いを夢見ています。

アナがまだ幼い頃は、姉のエルサとの姉妹仲も良く、よく一緒に遊んでいました。

しかし、エルサの魔法を頭に受けてしまった出来事を境に、同じお城に住みながら姉との関係は疎遠に。

頭に受けてしまったエルサの魔法を癒す際に、トロールがアナの記憶の中から「エルサの魔法」を取り除いたことで、アナはなぜエルサが心を閉ざし、関係が疎遠になってしまったのか、理由が分かりません。

エルサに近づいては拒絶され…を繰り返しながら、エルサとの関係が昔のように戻ることを願っています。

いつも自分の感情に素直に発言・行動し、時に“プリンセス”らしからぬ寝ぐせで髪がボサボサの姿を見せることも。

私は「眠れる森の美女」や「白雪姫」を観て育った訳ですが、アナは、オーロラや白雪姫と比べると、色々と現代のお姫様だな~と感じてしまいました。

はなこ
なんだか新鮮!

 

アグナルとイドゥナ

キャラクター紹介

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Disney’s Frozen 2(@disneyfrozen)がシェアした投稿 -

アグナルは、エルサとアナの父親でアレンデール王国の国王。

そして、イドゥナは、エルサとアナの母親でアレンデール王国の王妃です。

見るからに優しそうな雰囲気の両親。

エルサの魔法がアナの頭に当たってしまった時には、アナを助けるため、トロールの元へと連れて行きます。

そして、その出来事をきっかけに、エルサの魔法が人々に知られないよう、お城を閉ざしてしまいます。

また、アグナルはエルサの魔法の力を抑えるため、エルサに手袋をわたします。

しかし、外交に行った際の船が嵐に巻き込まれ、アグナルとイドゥナは共に亡くなってしまいます。

はなこ
悲しいシーンだった…。

「アナと雪の女王1」では、この2人の登場シーンはあまり多くはありませんでしたが、「アナと雪の女王2」では回想シーンなどで再び、重要な存在として登場するようです。

 

キャスト情報

「アナと雪の女王2」でイドゥナの声を担当するのは、ドラマなどでも活躍している吉田羊さん。

エルサとアナの幼少期を振り返るシーンが多くなると予想する今作、エルサとアナの母親であるイドゥナは、かなり重要な存在として登場するようです。

映画の予告動画でも、イドゥナの姿や声は映っていましたが、イドゥナのキャスト情報はすぐには発表されず、サプライズとして少し時間を空けて発表されました。

今作でのイドゥナの存在の大きさは、そんなところにも表れているように感じます。

吉田羊さんは、その歌唱力が評価され、オーディションで抜擢されたとのことで、歌声もとても楽しみです。

 

オラフ

キャラクター紹介

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ディズニー・スタジオ(@disneystudiojp)がシェアした投稿 -

アナとエルサが幼い頃に作った雪だるまで、2人にとって楽しい思い出の象徴のような存在。

エルサの魔法によって、言葉を話し、動けるようになります。

人懐っこく、ハグが大好きで「ぎゅーって抱きしめて!」が口癖。

はなこ
妙に耳に残る口癖…。

自分が溶けてしまうことも知らず、暖かい太陽のもとで過ごす「夏」に憧れています。

どんなシリアスな場面でも常にマイペースで、その場の空気を一気にかっさらう存在感を発揮しています。

話を聞いていないようで聞いている、聞いているようで聞いていない。

口調や雰囲気から、なんだかとぼけているようにも見えますが、急にドキっとするような核心に迫る発言をすることも。

きっと、損得感情がなく純粋なキャラクターだからこそ、そんな発言が心に届くのだと思います。

「アナと雪の女王2」では「アナと雪の女王1」と同様に、強烈な存在感と重要な役割を果たすことと予想しています。

 

キャスト情報

「アナと雪の女王1」では、オラフの声はピエール瀧さんが担当されていました。

ですが、ピエール瀧さんはその後色々あり…。

「アナと雪の女王2」では、誰がオラフの声を担当するのか、注目が集まっていました。

そして、発表された「アナと雪の女王2」でオラフの新しい吹替を担当する声優さん。

若手人気声優の武内俊輔さんが担当されるそうです!

若手ながら、これまで多くのテレビアニメなどで声優として活躍されてきたようです。

「アナと雪の女王1」では、少々クセのある声でインパクトの大きかったオラフ。

「アナと雪の女王2」では、どんな雰囲気となっているのか、とても楽しみです!

 

ハンス・サザンアイル

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Disney’s Frozen 2(@disneyfrozen)がシェアした投稿 -

サザンアイル王国の王子様で、エルサの戴冠式のためにアレンデール王国に訪れていた時にアナと出会います。

13人兄弟の末っ子で孤独を感じていることが大きな共通点となり、アナと意気投合し、出会ったその日に結婚を約束します。

登場は、ディズニー映画でよく観る、超爽やかでかっこいい王子様。

しかし、のちのちハンス王子は、実は「悪者王子」であったことが発覚します。

エルサの魔法を胸に受けてしまい弱り切ったアナの前で、アナを癒すのは真実の愛のみ。

誰しもが2人のキスを予想する、そんな状況で明かされたハンスのアレンデール乗っ取りの陰謀。

爽やかなハンスの顔が、みるみると眉をひそめた悪者顔に。

はなこ
なんて衝撃的な展開!

王子が悪者となるのは、ディズニー映画の中でも史上初のようです。

そんな「お約束」を打ち破る意外性は、観ていてとても面白かったです。

 

クリストフ・ビョルグマン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Disney’s Frozen 2(@disneyfrozen)がシェアした投稿 -

自然を愛する山男で、氷売りをしながら暮らしています。

少し荒っぽい言葉を話すこともありますが、一本気で義理堅い性格をしています。

幼い頃からいつもトナカイのスヴェンと一緒。

トロールたちとも仲良しで、トロールたちのことを家族と呼んでいます。

人々に魔法を知られて城を去ったエルサを追いかけて山に入ったアナと偶然出会います。

アナを助けて旅をしているうちに、段々とアナに惹かれていきます。

ディズニーのプリンセス映画と言えば、やはり「恋」が付きもの。

そのため、私は、クリストフが登場した時、なんんとなく恋の匂いを感じましたが、アナは既にハンス王子と良い雰囲気。

はなこ
ん?クリストフのお相手はもしやエルサ?

一人色々と勘繰ったりもしました。

クリストフとアナの関係は、物語の終盤「真実の愛とは何か」そんなことを考えるうえでも大きな意味を持っていると思います。

 

スヴェン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Disney’s Frozen 2(@disneyfrozen)がシェアした投稿 -

クリストフの相棒のトナカイで、クリストフが幼い頃からいつも一緒にいます。

ニンジンが大好物で、クリストフとニンジンを分け合って食べています。

言葉は話せませんが、クリストフがよく勝手にスヴェンの気持ちをアテレコしています。

はなこ
クリストフ…なんてお茶目なの。

クリストフは男らしいキャラクターなだけに、声色まで変えてアテレコする姿は可愛らしく感じました。

クリストフの話題に逸れてしまいましたが…。

言葉を話さないので情報は多くありませんが、「アナと雪の女王2」では新たな一面を発見できるかもしれません。

どんな活躍を見せるのか楽しみです。

 

ウェーゼルトン公爵

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Disney’s Frozen 2(@disneyfrozen)がシェアした投稿 -

城には何か秘密が隠されていると勘繰り、その秘密を暴いて金もうけをしようと、エルサの戴冠式にアレンデール王国を訪れます。

登場シーンから、子分たちと共に悪い企てを呟いてはいますが、物語が終わって振り返ってみると、そこまで悪い行動はしていなかったように思います。

していたことと言えば、エルサの魔法が人々に知られてしまった時に、中心となってエルサを追い詰めたことくらい。

はなこ
うーん。やっぱり結構悪いか。汗

ウェーゼルトン公爵が悪役としてのインパクトが少し弱く感じてしまうのは、やはりハンス王子の変貌ぶりに衝撃を受けたためのような気がします。

もしかしたら、ウェーゼルトン公爵は、実はハンス王子が悪者であることを隠すための、隠れ蓑のような存在だったかも…なんて思ったり。

 

トロール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Disney’s Frozen 2(@disneyfrozen)がシェアした投稿 -

アレンデール王国から離れた山の中に住んでいる、陽気な妖精たち。

少々強引なところがあり、クリストフとアナを無理矢理くっつけようと勝手に盛り上がったりも。

姿を現していない時は、まるでただの岩のような見た目になることができます。

トロールたちの長であるパビーは不思議な力の持ち主。

エルサの魔法が幼いアナの頭に当たってしまった時には、その不思議な力でアナを助けていました。

そういえば、エルサとアナの両親は、アナを救うため迷いなくトロールの元に向かっていました。

しかも、本棚の本の中には、トロールたちの住処へ向かうための地図と思われる手書きのメモまで。

はなこ
なぜ…?

エルサとアナの両親はなぜトロールの元に向かったのか、トロールたちと面識があったのか。

そのあたりのことは「アナと雪の女王1」では特に触れられていません。

「アナと雪の女王2」では果たして明らかになるのでしょうか。

 

オーケン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Disney’s Frozen 2(@disneyfrozen)がシェアした投稿 -

サウナ付きの山小屋「オーケンの店」の主人。

「ふっふー♪」が口癖の大男です。

ニコニコしていて優しそうな声で話しますが、怒ると態度が急変します。

クリストフの言葉に怒った時には、店からクリストフを放り出してしまう程の怪力の持ち主。

陽気な雰囲気なのですが、笑顔の裏に感情がこもっていないというか何というか…。

営業スマイルが強過ぎて、私はなんだか怖い印象を受けました。汗

はなこ
夏物大セ~ル!!
ほはば
オーケンの真似してるのね。汗

登場回数は一回きりなのに、妙に記憶に残るキャラクターです。

 

マシュマロウ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Disney’s Frozen 2(@disneyfrozen)がシェアした投稿 -

エルサが魔法で作り出した、大きな雪の怪物。

城から去ったエルサを追いかけてきたアナをアレンデール王国に追い返すため作り出されます。

自分の魔法によって誰かを傷つけてしまうことに怯え続け、城から去ったことでやっと解放することのできた“自分自身”。

ですが、城を去ったにも関わらず、エルサの魔法の影響により、今もなおアレンデール王国の人々が苦しんでいることをアナから聞かされ、動揺するエルサ。

色々な気持ちに蓋をするように、このマシュマロウを作り、アナを追い返します。

このマシュマロウは、エルサの強い悲しみが具現化されたもののように感じます。

そう思うと、「出て行けー!!」そう叫ぶマシュマロウの姿がとても悲しく映りました。

はなこ
なんて孤独なエルサ…。

 

「アナと雪の女王2」の追加キャラクター

サラマンダー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Frozen 2 Movie ❄️(@frozen2_)がシェアした投稿 -

手のひらサイズのトカゲで、その名も「サラマンダー」!!

「アナと雪の女王2」で新しく登場するキャラクターとして大きな注目を集めています。

はなこ
か…可愛い!

予告動画にも少しだけ映っていますが、パッチリとした大きな目に、小さな身体、そして愛らしい表情。

とても可愛らしい見た目で、人気が出ること間違いなしでしょう!

エルサとアナが訪れる魔法の森に登場するキャラクターのようです。

ポスターにも大きく描かれている程なので、重要な存在であることが予想されます。

どんな声でどんな風に話すのか、それとも話すことはできないのか、そんなところも気になるところです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

改めて「アナと雪の女王1」の登場キャラクターを見返してみると、個性的で魅力溢れるキャラクターばかり。

「アナと雪の女王2」にも、きっと、そんなキャラクターが新しく登場することでしょう。

新しいキャラクターだけでなく、お馴染みのキャラクターたちの活躍もとても楽しみです。

果たしてどんなストーリーとなっているのか…、待ちきれません!

 

-映画

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.