好きなことをコツコツ情報発信していくブログ

映画

アベンジャーズ4を見るなら絶対見ておくべき映画キャプテンマーベル!

投稿日:2018年10月6日 更新日:

2018年4月、衝撃的なエンディングで世界中にモヤモヤを残した映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」

その続編「アベンジャーズ4」のストーリーにおいて、間違いなく重要人物となる新たなマーベルヒーローがいます。

その名も「キャプテン・マーベル」

ぽん吉
キャプテン・アメリカのお友達か何か?
ほはば
紛らわしいけど、違います

女性ヒーローでありながら、その強さはこれまで映画で描かれてきた、どのマーベルヒーローよりも圧倒的に強いのです。

ぽん吉
うそやん

宇宙の半数の生命を消滅させた「サノス」に残存アベンジャーズの面々が対抗するには、彼女の助力が必要不可欠なのです。

そんな彼女を主役に描くMCUの新映画「キャプテン・マーベル」が2019年3月6日に公開となります。

この記事では映画「キャプテンマーベル」について紹介していますので、「アベンジャーズ4」が気になってモヤモヤしている方は必読です!

 

映画キャプテン・マーベルの予告映像(日本語字幕あり)

 

元々は地球で生まれ生活していた彼女ですが、どうやら記憶をなくしているようです。

両腕から凄まじいエネルギーを放出するなど、予告映像からも超人的な力を発揮している事がわかります。

 

キャプテン・マーベルとは?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Here's your first look at @BrieLarson as #CaptainMarvel on the cover of the newest issue of @EntertainmentWeekly! Learn more from the link in our bio.

Marvel Entertainmentさん(@marvel)がシェアした投稿 -

キャプテン・マーベルの本名はキャロル・ダンバース、元々は地球育ちの普通の女性です。

ぽん吉
元々??

かつてはCIAのエージェントとして働いていた事があるキャロル

彼女はNASAでパイロットとして働いてた頃に、突如として宇宙列挙国「クリー」の戦いに巻き込まれてしまいます。

そんな中クリー側の兵士である「マー・ベル」と出会い、交流を深めていきます。

ぽん吉
まさか?
ほはば
そう、やがて二人は恋仲に。

この関係に気付いたクリーの悪人が、キャロルを人質に取りマー・ベルに戦いを挑みます。

この戦いの中、悪人が持っていた機械「サイケ・マグニトロン」が爆発し、キャロルの体内にマー・ベルの遺伝子が溶け込んでしまいます。

これがきっかけとなり、キャロルはマー・ベルと同じ超人的な能力を持つことになります。

ぽん吉
不慮の事故でキャプテン・マーベルは誕生したんだね

 

映画キャプテン・マーベルのストーリーは?

映画は1990年代、冷戦が終わったあとの地球が舞台となるようです。

これまでに明かされている情報では

異星人の2種族による宇宙戦争に地球が巻き込まれる中、キャロル・ダンバースが宇宙最強のヒーローの一人となっていく様子を描く物語

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は「かつて登場しなかったレベルのパワーを持つ」と発言しており

原作通り、空を飛び、ビームを撃つ、DCコミックでいうところの「スーパーマン」のような怪力も発揮するようです。

ぽん吉
え?強すぎじゃん

そう、言ってみればこれまでのマーベルヒーローの力なんてあっさりと凌駕する「マーベル最強」の力を有するキャラクターとなるみたいです。

まぁ見方を変えれば、それくらいのインフレを起こしていかないと、残存アベンジャーズメンバーは宿敵サノスには対抗出来ないという事でしょう。

ぽん吉
サノスも強すぎたしな

また、映画「キャプテン・マーベル」は、元々地球に住む一人の人間であった彼女が、いかにして最強のヒーローになったかを描く作品ではないようです。

アメリカのEntertainment Weeklyは下記のように発表しています。

本作はヒーローの起源をシンプルに描くオリジン・ストーリーの構造を脱却し、映画が始まった時点でキャロルは能力を有している

これまでのマーベルヒーロー映画(アイアンマン、キャプテン・アメリカなど)はいかにして超ヒーローが誕生したかを描くオリジン・ストーリー構成でしたが

「キャプテン・マーベル」はそうではないと言ってます。

つまり、ストーリー展開やキャラクターの見せ方がこれまでのマーベル作品とは変わったものになるのかもしれません。

 

アベンジャーズシリーズにおけるキャプテン・マーベル

キャプテン・マーベルの存在が初めてMCU作品でチラついたのは、ご存知の人も多いかと思いますが、2018年の「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のラストシーン。

6つのインフィニティ・ストーンを全て揃えたサノスの指パッチンにより、全宇宙の生命の半数が消えはじめたエンドクレジットを覚えていますでしょうか。

地球では市街地で車を走らせるニック・フューリーとマリア・ヒルが異様な光景を目にしていましたよね。

すぐ様コード・レッドを発令したニックでしたが、その背後でマリア・ヒルの身体が灰になって消えてしまいます。

この世界でとんでもない事が起きている事を察知したニックは、急ぎ車内のバッグからポケベルのような小さな通信デバイスを取り出します。

しかし時すでに遅し、デバイスを手にしたニックの身体もバラバラ灰のように崩れ風に吹かれて消えてしまいました。

ニックの手から地面に落ちたデバイスは、どこかに何か信号を送っているようで、暫くしてその小さな画面に表示されたのが

何を隠そう「キャプテン・マーベル」を表すマークだったわけです。

上記ファンアートにもある通り、キャプテン・マーベルはアベンジャーズ4でもきっと大暴れすると思いますが、

それだけではなく、残存アベンジャーズメンバーにはサノスに対抗するための「力」「知識」「装備」といった強力な何かを提供してくれると思われます。

 

 

映画キャプテン・マーベルのキャスト

キャロル・ダンバース&キャプテン・マーベル役/ブリー・ラーソン

キャプテン・マーベル=キャロル・ダンバースを演じる女優はブリー・ラーソンさんです。

1989年10月1日生まれ、カリフォルニア州出身のフランス系アメリカ人の彼女。

2015年公開の「ルーム」では、監禁状態から幼い息子と共に脱出を図る母親役を演じていて、第88回アカデミー賞主演女優賞に輝いています。

 

記憶に新しい2017年公開の映画「キングコング:髑髏島の巨神」では主要キャストのメイソン・ウィーバーとして出演しています。

 

スターフォースの指揮官役/ジュード・ロウ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

My page is under construction folks! I’ll be back soon 🙏🏽💙 #judelaw #lawjude

Jude Lawさん(@lawjude)がシェアした投稿 -

クリー人の精鋭部隊「スターフォース(Starforce)」の指揮官を演じるのはジュード・ロウさん。

この役柄について、まだ具体的な設定は明かされていません(2018年10月時点)

分かっているのはキャロルを導く人物でありながら、それを「長年温めてきた計画」だと捉えている人物という事。

つまりただの指導者ではない、何かもっと先の何かを見越していそうな感じが伺えます。

 

ニック・フューリー役/サミュエル・L・ジャクソン

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Wow, this Marvel de-aging thing is doper than I thought!#twoeyedfury#captainmarvelmovie

Samuel L Jacksonさん(@samuelljackson)がシェアした投稿 -

アベンジャーズシリーズで眼帯のおじさんでおなじみのニック・フューリー、本作では、片目を失う以前の姿が描かれます。

ニックはのちにアベンジャーズを創設し率いることになりますが、本作の時点ではまだスーパーヒーローに会ったこともないようで

「S.H.I.E.L.D.」という名の怪しげな組織の事務職員といった役どころのようです。

以前、サミュエルは本作のニックについてこう語っています。

ぽん吉
冷戦が終わって自分にとって最良の時期は過ぎたと思っている

そんなニックが初めて出会うスーパーヒーローがキャロルだったのかもしれません。

本作でニックはキャロルと出会い、何を知り、何を思い、アベンジャーズを結成しなくてはならないと思い至ったのか?

もしかすると「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で描かれたような惨劇が、そう遠くない未来で起きる事を知ったのかもしれません。

なお本作のサミュエルは全編デジタル処理で容姿を25年ぶん若返らせて登場しているようで

公開された本編写真では、そのあまりに見事な「若返り」に世界中の映画ファンが驚愕しています。

サミュエル自身も

ぽん吉
思っていた以上にスゴい

とコメントしていました。

 

フィル・コールソン役/クラーク・グレッグ

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

“Don’t make me come over there and glower youthfully at yer ass.” See #captainmarvel Friday (or Thursday night if you’re nasty)

Clark Greggさん(@clarkgregg)がシェアした投稿 -

S.H.I.E.L.D.のエージェントといえばこの人、フィル・コールソンが本作でスクリーン復帰を果たすようです。

思い返せば「アベンジャーズ」(2012)でロキに殺されてしまったコールソン 涙

その後ひっそりと復活してドラマ「エージェント・オブ・シールド」(2013〜)で活躍していましたが、本作ではS.H.I.E.L.D.に入ったばかりの新人という設定のようです。

となると、ニック役のサミュエルと同じくデジタル処理で大幅に若返っての登場となるのかもしれません。

クラーク・グレッグさんによれば、「キャプテン・マーベル」では、フューリーとコールソンの運命的?な出会いが描かれるそうです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

何と言ってもこれまでのどのマーベルヒーローよりも強いのがキャプテン・マーベルです。

アベンジャーズ4ではキャプテン・マーベルが地球に帰還して、アベンジャーズへ力や知識を貸してくれる展開は間違いなくあるでしょう。

ニックがキャプテンマーベルといつでも連絡が取れるように謎の通信装置を持っていた点から察するに

映画「キャプテン・マーベル」では「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」での出来事を予知するようなやり取りが描かれている可能性はあります。

つまり本作は「キャプテン・マーベル」というキャラクターを紹介するという位置付けだけではなく

アベンジャーズ4でサノスに対抗するための手がかりを知るための映画といってもいいかもしれません。

期待して2019年3月6日を待ちましょう!

 

-映画

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.