好きなことをコツコツ情報発信していくブログ

映画

【恐竜図鑑】ジュラシックワールド炎の王国に登場する恐竜たちを紹介!

投稿日:2018年6月24日 更新日:

映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」がいよいよ2018年7月に公開されます!

ジュラシックパークやジュラシックワールドは、肉食恐竜、草食恐竜と多種多様な恐竜が登場する点も魅力の一つなんですよね!

でも、恐竜の名前ってわかります?笑

ティラノサウルスやヴェロキラプトルといった登場回数の多い主役級の恐竜であればかろうじてわかる、でも特に触れられない恐竜たちって厳しくないですか?

そんなエキストラ恐竜たちって割と多いんですよね 汗

しかも7月に公開となる「ジュラシック・ワールド/炎の王国」ではシリーズ史上最多の恐竜が登場するなんて言われています。エキストラ恐竜増です、はい。

ぽん吉
でもさ・・・

そうです、わかります、特に支障はないんです。

物語の進行上、ストーリでは特に触れられないエキストラ恐竜たちの名前を知らなくても支障はありません。

ぽん吉
なんかやべー肉食恐竜来たー!

といったレベルでも十分に楽しめるのがジュラシックシリーズですからね。

囲碁のルールがわからなくても「ヒカルの碁」が楽しめるのと同じです(←たぶん違う)

でも子供連れて映画館へ観にいったお父さんなんかは子供に

うし
あの恐竜なんて言うのー?

なんて痛いところを聞かれてしまうこともあるかもしれません。

まぁ聞かれないにしてもですよ、事前にエキストラ恐竜たちの名前や特徴を知っておくと、映画をより楽しむことができます!

ぽん吉
どうしてよ?

おっさん世代になって、音楽番組を見ていたとします。

アイドル歌手の顔が全員同じ顔に見えているよりも、誰が誰だかある程度識別できている方が絶対楽しめるって思いませんか?

ぽん吉
・・・。

それと同じです 。

ぽん吉
(違う気が)

ということで、この記事では映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」に登場する多くの恐竜たちから、最低限知っておくべきメディア選抜恐竜画像と併せて、大きさ重さ、トリビアなども踏まえて紹介しています。

» U-NEXTの31日間無料トライアルを利用してジュラシックワールドを全作見る

 

肉食恐竜編

インドラプトル

インドラプトルの画像がこちら、もう随分古い映画「グレムリン」に登場するかのような忌々しさですね(←わからない)

前作で「インドミナス・レックス」を生み出したヘンリー・ウー博士らによって生み出された「ジュラシック・ワールド/炎の王国」オリジナルの恐竜です。

インドラプトルについてはこちらの記事をご覧ください

ジュラシックワールド2の新恐竜!生物兵器インドラプトルって何?

2018年7月の本命映画といえば、そう「ジュラシック・ワールド/炎の王国」です! ジュラシック・ワールド2にあたる今作。 前作では遺伝子操作で生み出されたハイブリット恐竜「インドミナス・レックス」がと ...

続きを読む

続きを見る

 

Tレックス(ティラノサウルス)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jurassic Worldさん(@jurassicworld)がシェアした投稿 -

<基本情報>

体高5.2 m
体長13.5 m
体重12 t
食性肉食
攻撃性
トリビアニックネームは暴君のトカゲ

映画ジュラシックシリーズといえばこの恐竜ですよね!

強力な肉食恐竜であるティラノサウルスは、一口で最高230kgの肉を捕食することが可能だったと言われています。

ぽん吉
ティラノサウルスが「いきなりステーキ」に行っても満足できないことはよく分かりました

ティラノサウルスが捕食していたトリケラトプスやエドモントサウルス等の化石には、被食者を骨ごと噛み砕いて食していた痕跡が残っていることから顎の力の強さが分かります。

ぽん吉
噛まれたらアウト

 

ヴェロキラプトル

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jurassic Worldさん(@jurassicworld)がシェアした投稿 -

<基本情報>

体高1.7 m
体長3.9 m
体重226 kg
食性肉食
攻撃性
トリビアニックネームは素早い泥棒

ヴェロキラプトルは、その体の大きさと比べると脳が大きかったため、最も知能の高い恐竜の一種と言われています。

陸での動きは機敏で足が速く群れで狩をするため、ジュラシックシリーズで描かれている通り、恐るべき存在でした。

2本脚で動きまわりその速さは時速60km、狩りの時は80kmとも言われていますので、原チャリのトップスピードでも余裕で追いつかれてしまいます。

そうですね、もし狙われるような事があれば諦めましょう。

ぽん吉
いや、いませんから

前作「ジュラシック・ワールド」では、ハイブリッド恐竜「インドミナス・レックス」を生み出すために遺伝子が使用された恐竜の一匹ですが

今作ではハイブリッド恐竜「インドミナス・ラプトル(インドラプトル)」を生み出すにあたり、ベースとなる恐竜として使用されています。

 

モササウルス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jurassic Worldさん(@jurassicworld)がシェアした投稿 -

<基本情報>

体高-
体長21.9 m
体重29 t
食性肉食
攻撃性
トリビア北米に生息していた
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jurassic Worldさん(@jurassicworld)がシェアした投稿 -

海の食物連鎖の頂点に君臨したモササウルスは、あらゆる海洋生物を捕食していたそうです。

またの名を「海のティラノサウルス」

大きく開く二重関節のあごで、プレシオサウルスやホオジロザメなどの獲物は丸呑み 汗

そんなモササウルス、実は恐竜ではなくて海生爬虫類に分類されるそうです。

前作「ジュラシック・ワールド」では、ティラノサウルス&ヴェロキラプトルのブルーの二匹も苦戦したインドミナス・レックスをガブリ!

そのまま水中に引きずり込んでインドミナス・レックスを仕留めた恐ろしい恐竜です。

ぽん吉
私は「サモサウルス」と間違えて覚えていました!
ほはば
サモじゃなくてモサ

 

カルノタウルス

<基本情報>

体高2.9 m
体長10.9 m
体重2.1 t
食性肉食
攻撃性
トリビア学名は肉食の雄牛という意味

カルノタウルスは1985年にアルゼンチンの南部にあるパタゴニアで化石が発見された恐竜です。

この地域においては最大級の大型の肉食恐竜ですが、有名なティラノサウルスなどと比較すると体が一回り小さく

ティラノサウルス以外の肉食恐竜と比べてもカルノタウルスの脚は筋肉が少なく、割とほっそりとしていたのではないかと考えられています。

前作「ジュラシック・ワールド」では、ハイブリッド恐竜「インドミナス・レックス」を生み出すために遺伝子が使用された恐竜の一匹です。

 

バリオニクス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jurassic Worldさん(@jurassicworld)がシェアした投稿 -

<基本情報>

体高2.6 m
体長9.3 m
体重1.7 t
食性肉食(魚)
攻撃性
トリビアニックネームは重々しい爪

バリオニクスはワニのような形の頭と凶暴な爪を持っており、川や湖で獲物(魚)を捕まえていたと考えられています。

魚を食料とする恐竜の中でも最大級で、時に草食恐竜も捕食していた事も解っています。

ぽん吉
バリオニクスがクレアたちの前に迫ってる!!

 

プテラノドン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jurassic Worldさん(@jurassicworld)がシェアした投稿 -

<基本情報>

体高3.1 m
体長7.5 m
体重31.7 kg
食性肉食
攻撃性
トリビア手には3つ、足には4つの爪がある

プテラノドンはジュラシック・ワールド最大の翼竜です。

地球上で知られている鳥類の中で最長と言われています。主食は魚ですが、ジュラシックパーク3で描かれていた通りプテラノドンは非常に凶暴です。

 

 

草食恐竜編

ブラキオサウルス

<基本情報>

体高12.4 m
体長21.5 m
体重56 t
食性草食
攻撃性
トリビア中国語名は腕龍(ワンロン)

ブラキオサウルスはその巨大な身体で高い知名度を誇る恐竜です。

「腕とかげ」を意味する合成語で、ブラキオサウルスの上腕骨の信じられない程の高さが由来となっています。

この恐竜は背丈の高い樹木の上端を食べていたと考えられています。

ジュラシックパークでは大樹の上で寝ていたハモンドの孫のレックスがブラキオサウルスに気付き、鼻をさすったところ強烈なくしゃみを浴びせられていましたね。

 

トリケラトプス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jurassic Worldさん(@jurassicworld)がシェアした投稿 -

<基本情報>

体高3.6 m
体長8.9 m
体重12 t
食性草食
攻撃性
トリビア頭部の長さは全体高の3分の1にあたる

トリケラトプスは骨でできた大きなフリルと3つの角が特徴的な恐竜で、高い人気と知名度と誇る恐竜です。

ぽん吉
私は恐竜チップスのパッケージのイメージです

他の部位と比べると最も目立つトリケラトプスの頭部は、幅が1.2~1.5mもあり3本の角と張り出した盾を備えています。

口の上にある短めの1本と目の上にある長めの2本の角は、天敵であるティラノサウルスなどの肉食恐竜との闘いや、交尾儀式にも使われていたそうです。

 

アパトサウルス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jurassic Worldさん(@jurassicworld)がシェアした投稿 -

<基本情報>

体高6 m
体長27 m
体重20 t
食性草食
攻撃性
トリビアニックネームは惑わすトカゲ

アパトサウルスは長い首と尻尾をもった恐竜で日本では主に「雷竜」とも呼ばれています。

前作のジュラシック・ワールドではインドミナス・レックスに虐殺されていて非常にかわいそうでした。

 

ステゴサウルス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jurassic Worldさん(@jurassicworld)がシェアした投稿 -

<基本情報>

体高5 m
体長10.1 m
体重6 t
食性草食
攻撃性
トリビアニックネームは屋根に覆われたトカゲ

何と言っても特徴的なのが背面に付いているプレートです。恐竜の中でも世界的に有名なので知っている人も多いと思います。

近年ではその体積に比べて小さな頭蓋を持つことが注目されているようです。

背骨に沿って17個の骨板、そしてトゲがついた尾があって一見怖そうに見えますが、これらは主に身を守るために使われていたそうで、普段はおとなしい草食恐竜だったと考えられています。

 

スティギモロク

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jurassic Worldさん(@jurassicworld)がシェアした投稿 -

<基本情報>

体高1.4 m
体長3.5 m
体重85 kg
食性草食
攻撃性
トリビア名前の意味は地獄から来た悪魔

堅頭竜に分類されるスティギモロクは同じ堅頭竜類の中で最大の「パキケファロサウルス」によく似た恐竜と言われています。

学者によってはスティギモロクはパキケファロサウルスの成長中の個体である、と考える学者もいるほど現代でもまだ謎に包まれた恐竜です。

頭骨のドーム部分はとても硬く、頭の後ろにはコブだけでなく角のような長い突起があります。

 

ガリミムス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jurassic Worldさん(@jurassicworld)がシェアした投稿 -

<基本情報>

体高3 m
体長4.7 m
体重450 kg
食性雑食
攻撃性
トリビアニックネームはニワトリモドキ

足の速い恐竜として知られるガリミムスは、大きな頭部とくちばしが特徴で歯はなかったようです。

名前の意味は「ニワトリモドキ」なのに、実はチーター並みの速さで走ることができるそうです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」には有名な恐竜から無名なエキストラ恐竜まで、様々な恐竜が登場することが分かって頂けたと思います。

本来であれば生息していた場所や時代が異なる恐竜同士がジュラシック・ワールドの舞台イスラ・ヌブラル島では共生している。

専門家からすれば賛否分かれる設定もあるかもしれませんが、恐竜好きとしては純粋にワクワクする設定ですよね。

今作では一体どんな恐竜との共演や対決が描かれるのでしょうか?

今のうちから登場する恐竜たちの知識を蓄えておいて、7月に大噴火するイスラ・ヌブラル島を目指しましょう!

» U-NEXTの31日間無料トライアルを利用してジュラシックワールドを全作見る

 

-映画

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.