好きなことをコツコツ情報発信していくブログ

映画

ジェイソンステイサムが巨大ザメ「メガロドン」をこらしめる映画MEG!

投稿日:2018年6月16日 更新日:

あなたは「サメ映画」といえば何を思い浮かべますか?

ぽん吉
ジョーズ?

ジョーズをはじめとするサメ映画は過去に色々とあります。そしてそのどれもが恐ろしい海洋ホラーものですよね。(いや、そうでないのもある)

ぽん吉
ジョーズを初めて見た夏、海で泳ぐのが怖くなった 汗

これまでのサメ映画に登場するサメは、基本的には実在するホオジロザメやイタチザメを扱っている作品が多く、サイズ的も現実サイズをちょっとカスタマイズした程度のものでしたので

劇中では地元警察の署長さんや地元漁師たちでなんとか応戦することができていました。(byジョーズ)

では、このサメのサイズが23メートル級になるとどうなるでしょうか?

ぽん吉
デカすぎ 汗

お察しの通り、もう地元警察の署長さんや地元漁師では手に負えませんね。

ぽん吉
そんなサメ相手じゃ誰も戦えないよ!

いいえ、そんなことありません。おそらく彼ならやれます。やってくれるはずです!

ぽん吉
誰?

そんな超巨大ザメとの戦いを描く海洋パニック映画「MEG ザ・モンスター」が2018年9月7日(金)に公開となります!

この記事では「MEG ザ・モンスター」のストーリーやキャストについて紹介しています!

ぽん吉
で、誰なのよ?

 

MEG ザ・モンスターの予告映像

 

超巨大ザメ「メガロドン」が窓ガラスに向かってガブリ!あの小さな女の子は間違いなくトラウマになった事でしょう。

この規格外のサイズのモンスターに海上で狙われたらどうしようもない気がします 汗

 

MEG ザ・モンスターのストーリーは?

本作はスティーヴ・オルテンの小説をもとにしたストーリーで、未知の深海で太古の巨大ザメ「メガロドン」に襲われる人々のサバイバルを描いた海洋パニックアクションとなっています。

あらすじ

人類未踏のマリアナ海溝、それをさらに超える深海が発見される。

その沖合に海洋研究所を構えた探査チームが最新の潜水艇で調査に乗り出す。

幻想的な未知の生物が生きる深海の世界を発見し心躍らせる一同、そんな中、突如巨大な「何か」が探査チームに襲いかかる。

レスキューダイバーのジョナス・テイラーは、深海で身動きがとれなくなったと連絡のあった探査チームの救助に向かうが、そこで見たものは

200万年前に絶滅したと言われていた、体長23メートル体重20トンにも及ぶ巨大ザメの「メガロドン」であった。

 

 

MEG ザ・モンスターのキャストは?

ジョナス・テイラー役 / ジェイソン・ステイサム

 

Jason Stathamさん(@jasonstatham)がシェアした投稿 -

「トランスポーター」、「エクスペンダブルズ」、「ワイルド・スピード」シリーズなどでおなじみの人気アクション俳優ジェイソン・ステイサムさんが主演です!

そうです、全長23メートルの「メガロドン」と対峙できるのは彼しかいません。

パワーとスピードを兼ね備えた屈強の男でなければメガロドンにあっさり飲まれ、きっと10分足らずの映画になってしまう事でしょう。

 

スーイン・ザン役 / リー・ビンビン

 

On set of new movie MEG with Li Bingbing.

Jason Stathamさん(@jasonstatham)がシェアした投稿 -

ジェイソン・ステイサムさんとタッグを組むヒロイン、スーイン役には中国出身のリー・ビンビンさんが起用されています。

リー・ビンビンさんといえば、「バイオハザードV/リトリビューション」、「トランスフォーマー/ロストエイジ」にも出演している中国を代表する女優さんです。

 

MEG ザ・モンスターの監督は?

ジョン・タートルトーブ監督がメガホンを取ります!

ジョン・タートルトーブ監督は、89年に「バーバリアン・ブラザーズのシンクビッグ」で監督デビューを果たしていて

それ以降は

  • クール・ランニング
  • あなたが寝てる間に…
  • フェノミナン

とヒット作を連発している監督です。

ジョン・タートルトーブ監督の高校の同級生であり、ずっと親交のあった俳優ニコラス・ケイジさんを主演に迎えた「ナショナル・トレジャー」が大ヒット

その続編「ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記」は1作目をさらに超える大ヒット映画として有名です。

その他の作品としては「魔法使いの弟子」やブルース・ウィリスさん主演の「キッド」も有名です。

監督は以前インタビューで「コメディというのは自分にとってはやりやすい、得意とする分野なのかな」答えていました。

今作MEGのような海洋モンスターパニック映画を手がけると、一体どのような見せ方になるのか大変気になるところです。

 

MEGのヤバさ

MEG=メガロドンとは260万年前の海に泳いでいた23メートルのサメのこと。

ただただ漠然とデカイといった印象ですが、具体的なヤバさを一部紹介!

MEGの捕食対象

ジョーズでもおなじみの巨大人食いザメのホオジロザメを丸呑みする。

つまり、もし映画「ジョーズ」にMEGが登場していたら、良くて5分の短編映画になる。

 

MEGの歯

人間の手のひらと同じ大きさの歯が276個ある。拳で戦える相手ではないことが分かる。

 

MEGの顎の幅

顎の幅は3.3メートルあるので、大人が2名、ピーンとまっすぐ横に並んだ状態をサクッと丸呑みする。

 

MEGの食欲

普通のサメは1日に23キロ食べる、え?そうなの?多いじゃないと思う我々の思いに対し、MEGは1,100キロ食べる。

 

 

サメ映画のオススメTOP 3

数あるサメ映画ですが、これまで「サメ」と「人」はどのような戦いを繰り広げてきたか知っていますでしょうか?

サメ映画の最新作「MEG ザ・モンスター」を見る前に、過去の有名サメ映画を抑えておくとより多角的に楽しめると思います。

ぽん吉
サメよ・・・そう来たか・・・

という事で、これまでに私が見たサメ映画の中であなたにオススメしたい作品TOP 3を紹介します。

ジョーズ(1975年)

 

スティーブン・スピルバーグ監督の手がけたサメ映画の金字塔ですね。

ジョーズが迫ってくる時のBGM、バラエティなんかで未だに使われていますよね 笑

1975年と結構古い映画ですが、その映像の古めかしさが、一段と現実味帯びた恐怖を煽ります。

 

ディープ・ブルー(1999年)

 

サメの脳組織からアルツハイマーの新薬を作るぞーなんて意気込んで実験をしていた科学者たちが、高度な知能を持ったサメを生み出しちゃって

結果、制御不能になって次々と襲われていくって話。(←割愛しすぎ)

劇中、登場人物のセリフや行動から

ほはば
あー、この人たちがメインキャストっぽいから最後まで頑張るんだろうなー

なんて思って見ていたら、次から次へとサメに食べられてしまい、途中からもう誰が生き残るのか全く予想がつかなくなります。

 

ロスト・バケーション(2016年)

 

この映画は単純なパニック映画のそれとはひと味もふた味も異なります。

内容としては海洋サバイバルなんですけど、設定や主人公を取り巻く背景などの設定が緻密です。

ほとんど人も来ない秘境のビーチに休暇で来た主人公ナンシーが、サーフィンを楽しんでいたところ脚を負傷。

何とか近くの岩場にたどり着いたものの、ナンシーの存在に気が付いた一匹のサメが周囲を旋回しているってところがサバイバルのスタート地点。

海岸まではおよそ200メートルという近からず遠からずの絶妙な距離、その岩場が満潮で海面下に沈むまでわずか100分という厳しい条件だらけです。

危機的な状況に追い込まれたナンシーはあれやこれやと色々試し岩場からの脱出を試みる。

しかしサメもナンシーを食べる気満々ですから、そうは問屋が卸しません 笑

疲れますが、最後はスッキリできる映画なのでオススメです。

 

まとめ

これまでにないサメ映画の切り口でサメの恐怖を描く映画「MEG ザ・モンスター」

今年、サメ映画史にまた一つ、新たな恐怖が刻まれることでしょう。

深海の奥深くから解き放たれてしまった全長23メートル、体重20トンという規格外のモンスターザメを相手に、ジェイソン・ステイサムがどのような戦いを繰り広げるのか?

いやそもそも勝負になるのか?結末が大変気になるところです。

映画「MEG ザ・モンスター」は2018年9月7日(金)に日本公開となります!

 

 

-映画

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.