好きなことをコツコツ情報発信していくブログ

防災

大地震発生!その時あなたがいる場所は?場所毎に異なる取るべき行動まとめ

投稿日:

もう長いこと、いつ来てもおかしくないと言われている「首都直下型震災」や「南海トラフ地震」といった大震災。

30年以内に発生する確率は、なんと70%と言われています。

過去に大震災を経験した人は、その突然の揺れに

  • 近所に飛行機が落ちた
  • 近所の工場が爆発した
  • 火山が噴火した

と感じたと話す人もいるそうです。

つまり、それほどの規模の衝撃が突然襲ってくるわけですね。

そうなると大抵の人は体がこわばって頭が真っ白になり、適切な判断をする事が難しくなるそうです。

ぽん吉
どうしたらいいの?

少しでもそうならないためにも、あらかじめ家族と話し合ったり、防災訓練に参加するなど、事前にとるべき行動をシミュレーションしておくことがとても大切になってきます。

また、地震はいつどこで発生するのか分かりません。

ぽん吉
職場?学校?自宅?

なので、ありとあらゆる場所で大震災が発生することを事前にシミュレーションしておく必要があるわけです。

ぽん吉
そうかもしれない

という事で、この記事では大地震が発生した時にあなたがいるかもしれない「場所」をいくつか挙げて

そこでとるべき行動や注意点を防災ガイドラインを元に整理してみましたので、参考にしてみてください。

 

大地震発生時の大前提

地震 場所 行動

強い揺れで家具等が転倒してきて下敷きになったり、窓ガラスの破片などの落下物が頭を直撃すると、負傷したり命を落とす場合もあります。

周りの様子を見ながら、以下3点

  • 物が落ちてこない
  • 物が倒れてこない
  • 物が移動しない

を意識しながら安全な場所に移動するという事が大前提となります。

 

自宅で大地震発生!

リビングにいる場合

地震 発生 リビング 行動

リビングで気をつけなければならないのは、背の高い家具の下敷きになることや、窓や照明器具などのガラスが割れ飛散することによる怪我です。

揺れを感じたら、上で説明した大前提3点を意識しながら安全な場所に隠れます。

揺れが収まったら割れたものなどが飛散している可能性があるので、分厚いスリッパなどで足を保護しながら移動しましょう。

 

キッチンにいる場合

地震 発生 キッチン 行動

キッチンは冷蔵庫や電離レンジなどの大きくて重い家電や食器棚などからの物の飛び出しなどに注意が必要です。

阪神淡路大震災を経験した人の話では、揺れで冷蔵庫の扉が開いてしまい、入っていた物が真横に飛んで来たと言っています。

調理中の場合でも、まずは身を守ることを最優先に考え、火の始末は揺れが収まった後にあわてずに行うといいでしょう。

 

寝室にいる場合

地震 発生 寝室 行動

寝室にいる場合は、窓ガラスの破片や吊り下げ式の照明器具などの直撃を避ける為に

枕や布団などで頭を保護しつつ、電気スタンドや鏡台などの家具が倒れてこない位置に移動することが重要です。

目の悪い人であれば、サイドテーブルなど手の届くところに置いているメガネを、日頃からケースに入れてから寝るようにすれば、破損を防ぐことができます。

揺れが収まったら、底の厚いスリッパを履き、ドアを開けて避難経路を確保します。

停電すると真っ暗になるので、あらかじめ分かりやすいところに懐中電灯を設置しておくと安心です。

 

2階にいる場合

地震 発生 二階 行動

古い建物の一階は倒壊して身体が押しつぶされる危険があるので、慌てて一階には降りないようにしましょう。

建築された年代の関係で耐震基準を満たしていない建物の場合は、外に脱出すべきか状況を見て判断しましょう。

 

トイレにいる場合

地震 発生 トイレ 行動

トイレのような個室は地震の揺れで歪み、閉じ込められて避難できなくなる恐れがあります。

揺れを感じたら閉じ込められないようにドアを開けておきましょう。

 

浴室にいる場合

地震 発生 風呂 行動

裸でいる浴室は大変怪我をしやすい場所です。

鏡や電球などのガラス類の飛散から身を守る為、洗面器などを頭にかぶり、すぐに浴室から出て安全な場所に移動します。

お風呂の水は断水後も生活用水として使えますので抜かないでおきましょう。

 

身動きが取れない場合

地震 発生 身動き取れない 行動

万一大きな衣装ダンスなどに押しつぶされて身動きが取れない状態になってしまったら、大声を出し続けると体力を消耗し、命の危険があります。

山で遭難した時、闇雲に歩き回って体力を消耗させるのではなく、その場でじっとして体力を温存した方が生存率は上がることと同じです。

声を出すのではなく、硬いものでドアや壁を叩いたり、大きな音を出して自分が屋内にいることを知らせましょう。

 

外出先で大地震発生!

職場(オフィス)にいる場合

地震 発生 職場 行動

キャスターを固定していない大型のコピー機などはありとあらゆる方向に移動します。

他にもレールで固定されていて横にスライド移動する事ができる使い勝手のいい大型のキャビネットなども、「動く」ということで大変危険なものに様変わりします。

体に当たると大けがの原因になりますのでオフィスでは「固定されていないもの」全般に注意を払い、デスクの下に身を隠し揺れが収まるのを待ちましょう。

ぽん吉
デスク上の事務用品もガンガン飛散するはずだから注意が必要だ 汗

揺れが収まって避難する場合、余震や停電でエレベーターが停止する恐れがあるので、極力階段を使うようにしましょう。

また、高層ビルは大抵免震構造であるため、横に大きく揺らして建物へかかる揺れの力を逃す作りとなっています。

ぽん吉
そうなの?

東日本大震災時、震源地が東北であったにもかかわらず、東京の高層ビルの上層階の揺れは、何かに捕まっていないと立っていられないほどの揺れで

人によってはその揺れで酔っている人もいたほどです。(船酔いのような感覚に近いです)

ぽん吉
そんなに揺れるんだ 汗

また、沿岸部の職場にいる場合は震源地の確認も重要となります。

震源地によっては「津波」が襲ってくる恐れがあるため、むやみに外に出て避難するのではなく、津波の可能性も視野に入れながら行動することが重要です。

 

繁華街にいる場合

地震 発生 繁華街 行動

繁華街だと老朽化した窓ガラスなどが割れ、地上に飛散する恐れ、またビルの屋上に設置されている看板などが落下してくる事も考えられます。

頭上への注意を払いつつ、ビルそのものの倒壊にも注意を払いながら公園など落下物のない安全な場所に移動します。

人が大勢いる場所では、とにかく「慌てないこと」が鉄則となります。

 

学校にいる場合

地震 発生 学校 行動

教室で身を守るには飛散した窓ガラスの破片や照明器具の落下を避けるために、窓から離れ、机の下に隠れ脚を持って揺れが収まるまで待機します。

廊下ではすぐに窓から離れ、階段では転げ落ちないように手すりにつかまりましょう。

揺れが収まったら、先生・教師の指示に従って行動します。

 

駅にいる場合

地震 発生 駅 行動

屋根板や蛍光灯などの落下物などから身を守り、ホームから転落しないよう近くの柱に移動します。

混雑して身動きが取れない時は、うずくまって揺れが収まるのを待ちましょう。

地下鉄の場合、いち早く地上に出たいという心理が働き、大勢の人が一斉に行動しパニック状態になる危険もあります。

人に押されたり衝突してしまったりして転倒するなど、人為的なものによる二次被害発生の可能性もあるので、落ち着いて行動しましょう。

 

電車内にいる場合

地震 発生 電車内 行動

強い揺れを感知すると電車は緊急停車するため、人に衝突したり転倒する危険があります。

座っていたらカバンなどで頭を保護し、立っている時は姿勢を低くして身を守ります。

満員電車では手すりやつり革にしっかりつかまり、脚を踏ん張って倒れないようにします。

揺れが収まったら乗務員の指示に従って行動しましょう。

 

車にいる場合

地震 発生 車 行動

車を運転中の場合は、急にスピードを落とすと後続車に衝突される危険がありますので、ハザードランプを出して徐々に減速しましょう。

緊急車両のために道を開けておく必要がありますので、車は道路左側に止めてエンジンを切り、揺れが収まるまで待機します。

可能であれば駐車場や広場へ移動させておきます。

ぽん吉
停車させてからはどうすればいいの?

避難のため車を離れる場合、車のキーは付けたままドアロックをせず、自分の連絡先メモを残し、貴重品や車検証を持って車から離れるといいでしょう。

ただ大地震が発生した直後に、ここまでの行動を冷静に遂行することは難しいと思うので、普段からダッシュボードなどに連絡先メモを残しておくといいかもしれません。

 

高速道路にいる場合

地震 発生 高速道路 行動

高速道路であっても一般道と同じで、後続車からの衝突を避けるため、ハザードランプを出し、徐々にスピードを落として道路の左側に停車します。

揺れが収まり、高速道路が走行可能な状態であれば減速気味で走行しても大丈夫ですが

土砂崩れ、地盤陥没、車両事故などの影響で通行止めになっている区間もあるかもしれないので、そこから動く場合はラジオなどで状況を確認するようにしましょう。

 

トンネルにいる場合

地震 発生 トンネル 行動

天井や壁面崩落の危険があるので、前方出口が見通せればそのままトンネルを抜けましょう。

長いトンネル内にいる場合は最寄りの非常口から脱出します。

 

スーパー・コンビニにいる場合

地震 発生 スーパー コンビニ 行動

スーパー、コンビニでは商品の散乱やショーケースの破損などに注意して階段の踊り場や柱の近くへ移動します。

コンビニでは蛍光灯が割れて降ってくる恐れがあるので、買い物かごをかぶるなどして頭上の身を守りましょう。

 

劇場・ホール・スタジアムにいる場合

地震 発生 劇場 ホール スタジアム 行動

大勢の人が集まっている劇場、ホール、スタジアムなどの施設では、駅にいる場合と同様、慌てて非常口や階段に駆け寄ってはいけません。

照明などの落下物に注意を払いつつ、館内放送や係員の指示があるかを注意して聞いておき、指示があればそれに従い行動します。

 

地下街にいる場合

地震 発生 地下街 行動

停電で多くの人がパニックになり、非常口に殺到すると人為的に負傷してしまう危険があります。

落ち着いて落下物から身を守り、柱や壁のそばで揺れが収まるのを待ちましょう。

 

空港にいる場合

地震 発生 空港 行動

空港の施設は耐震、免震の基準が厳しく、今のところ「首都直下型地震」が発生しても

建物の倒壊などの被害はないと予想されていますが、ガラスや天井部材などの落下に備えて注意が必要です。

 

エレベーターにいる場合

地震 発生 エレベーター 行動

エレベーターの中で揺れを感じたら全ての階の行き先ボタンを押し、止まった階で降ります。

閉じ込められて避難できなくなってしまう事態を防ぐ事が重要です。

閉じ込められたらインターホンで連絡します。

 

山にいる場合

地震 発生 山 行動

山間地では土砂崩れで生き埋めになる恐れがあるので、速やかに斜面や崖から離れます。

本震発生後も繰り返し続く余震や降雨などで土砂災害といった二次災害の危険が高まるので注意が必要です。

 

海にいる場合

地震 発生 海 行動

海岸では早くて数分で高い津波が到達する危険があります。

隣近所に声をかけて一目散に高台へ移動しましょう。

車で即座に移動できない時は、潔く車を捨て、マンションやホテルの屋根へ登ったり、土手の斜面を這い上がるなどして、とにかく高台へ身を置く事を考え避難します。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

どの場所においても共通して言えることは

  • 落下物などから身体(特に頭)を守ること
  • 慌てて行動しないこと
  • 冷静に情報を得ること(震源地の確認など)

といったところがポイントになるかと思います。

大地震がある日突然発生してしまったら、きっと頭が真っ白になって身動きが取れなくなってしまうかもしれません。

自分がその時にいる場所によって生き残るために取るべき選択肢はいくつもあり、「これが正解」というものは決してないとは思いますが

この記事のような取るべき選択肢の一例を冷静な状態であらかじめ読んでおく、といった備えは間違いなく必要です。

この記事があなたの「地震への備え」の参考になれば幸いです。

 

 

-防災

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.