好きなことをコツコツ情報発信していくブログ

防災

大地震が都市部で発生したら絶対に起きてしまう7つの事を知ろう!

投稿日:2018年5月19日 更新日:

もういつ起きても不思議じゃないと言われている「南海トラフ地震」や「首都直下地震

年々緊張が高まっていく中で、一体何をすれば良いのか考えてしまいませんか?

私個人としては「地震」というものに対して常にアンテナを張り、日頃から身を守るための情報を受信する習慣を身につけていく事が重要だと考えています。

例えば地震発生した時のことを「考えてた」と「考えたことすらなかった」では、地震発生直後の自身の初動に大きな差が生まれると思うからです。

普段から地震発生時の事をシミュレーションしたりイメージしておく事だって、地震に対する一つの「備え」なのではないでしょうか?

この記事では、過去TV報道で見た大震災の様子や、東日本大震災が発生した3.11に東京都市部を歩き帰宅した私の体験をもとに、地震発生時に都市部で絶対に起こり得る事を7つ挙げてみました。

 

その1:ビルの倒壊、窓ガラス等の落下物が多発!

関東大震災 発生 いつ

古いビルや家屋そのものが倒壊して人が生き埋めになってしまったり、外壁や窓ガラスが割れて落下してくる恐れがあるため大きな怪我をする可能性があります。

東日本大震災時の東京では建物の天井が崩落する事故が発生していました。東京タワーの先端も曲がってしまいました。

 

その2:電話が繋がりにくくなる!

関東大震災 電話 繋がらない

大勢の人が同時刻に家族や知人の安否確認の連絡を取ろうとして通話が集中します。

それに加え電話会社の建物や通信設備の被災により電話やインターネットがしばらく使用出来なくなったり繋がりにくくなります。

東日本大震災発生直後の東京でも電話とメールがしばらく繋がりにくかったのを覚えています。

東日本大震災の被害地域で最大の都市である仙台では、電話の混乱状態が大体 5 日間続いたと言われていますので

仮に東京直下型の大地震が来た場合は仙台と同等かそれ以上の日数に渡って電話やメールが繋がりにくくなる事が予想されます。

 

その3:道路が通れなくなる!

関東大震災 発生 いつ

阪神淡路大震災の時にTVで見て衝撃的な光景だったのが、阪神高速道路の高架が635mにわたって倒壊していた事です。

都市部では建物や高速道路の高架さえもが倒壊して、その下の一般道を塞いでしまいます。

そうなると、かろうじて通れる道路に歩行者や車が集中し、大渋滞で避難が困難になる事が予想されます。

また都市郊外では地震の揺れによって地盤が緩み、土砂崩れなどの二次災害が発生しで道路を寸断する事も考えられます。

 

 

その4:電車が動かなくなる!

関東大震災 発生 いつ

線路上の電線が切れてしまったり、線路上に倒木があったりと様々な理由で線路が寸断されると思います。

線路が無事な場合でも鉄道会社は安全確認に時間を要するはずなので相当な時間電車が動かない事が予想されます。

基本的に大地震発生時の都市部のインフラは機能しない、と割り切って考えておいた方が良いでしょう。

 

その5:水道、電気、ガスが使えなくなる!

関東大震災 発生 いつ

東日本大震災の時も停電の地域が多くあった事を覚えています。またガスの停止や水道の断水が起こり、復旧まで時間がかかる事が予想されます。

水道、電気、ガスは重要なライフラインなので特に考えておく必要があります。

水道であれば、日頃からお風呂の水を貯めておき、いざとなったら生活用水として用いたり

飲料水であれば2リットルのペットボトル数本備え、数日間は自力でしのげるようにしておくことが重要です。

電気であれば充電式や電池式の家電をいくつか用意しておく、ガスはお鍋の時などに用いるガスコンロで代用できるよう

ガス缶も何本か常備しておくなど、普段の生活にちょっとした工夫が必要になってきます。

 

その6:コンビニやスーパーの食料品が無くなってしまう!

関東大震災 発生 いつ

東日本大震災の時に印象的だったのが、地震発生直後からコンビニやスーパーなどの食料品の買い占めが始まった事です。

お店側も「同一商品はお一人様一点まで」といった施策を取って対応しているところもありましたが

不安や焦りの心理からなのか圧倒的な需要の前に供給が追いつかず、近隣のコンビニやスーパーは数日間品薄状態でした。

 

その7:ブロークンウィンドウズ現象が心配!?

関東大震災 発生 いつ

日本では割れ窓理論と呼ばれていますが、「一枚割れた窓を放置しておくとその地域の犯罪率が増加していく」と言う現象のことを言います。

例えば上記に挙げた「食料品が無い」という問題がストレスになり、長期にわたり放置されることによって

人の自己防衛本能や恐怖に反応する交感神経が働き続けて、人を暴力的にするのではないかといった考察があるそうです。

状況によっては人的被害に巻き込まれてしまうような事もあるかもしれません。

 

まとめ

南海トラフ 首都直下地震 発生

いかがでしたでしょうか?

考えられるケースは地域や場所、時間帯によっても様々だと思います。

「予想できる全てのケースを網羅する」という事ではなく、そういったことを「日頃から考え頭の片隅に置いておく」という事に私は意味があると思っています。

あなたの住んでいる地域では一体どんな事が考えられますでしょうか?

 

-防災

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.