好きなことをコツコツ情報発信していくブログ

映画

ブラックパンサーはなぜ大ヒットした?全米興収歴代3位の魅力を考察!

投稿日:2018年6月30日 更新日:

あなたは映画「ブラックパンサー」を知っていますか?

ブラックパンサーは「アイアンマン」や「スパイダーマン」といったマーベルヒーローの1人で、黒豹のようなスーツを纏ったキャラクターです!

このブラックパンサー、スクリーンに登場するのは今作が初ではなく、「キャプテン・アメリカ」の続編「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」で既に登場しています。

このブラックパンサーの単独主演映画が2018年2月に公開されたわけですが

公開されるや週末興行収入2億ドルを超える超大ヒットとなり、5月には早くも映画「タイタニック」を抜いて全米歴代興行収入3位にまで上昇しました。

ぽん吉
すごっ

世界興行収入のランキングにおいても「ハリー・ポッターと死の秘宝パート2」を抜いて、歴代9位に入る規格外のヒットを記録した映画です。

ぽん吉
アベンジャーズ並みの大ヒットなの!?

マーベルのキャラクター単独主演の作品で、これほどまでに大ヒットした作品は他にありません 汗

ぽん吉
どうしてこうなった・・・?

考えられる理由はいくつかあります!

この記事では映画「ブラックパンサー」のキャストやなぜこれほどまでに大ヒットしたのか?作品の魅力について考察してみました。

 

そもそもブラックパンサーとは?

<ストーリー>

アフリカの秘境にありながら、世界の誰もが創造出来ないような最新テクノロジーをもつ<超文明国ワカンダ>。

ここには世界を変えてしまうほどのパワーを持つ鉱石<ヴィブラニウム>が存在する…。

突然の父の死によって王位を継いだティ・チャラは、この国の“秘密”を守る使命を背負うことになる。

ヴィブラニウムが悪の手に奪われると、人類に未来はない。

“秘密”を狙う敵に立ち向かうのは若き国王。

漆黒の戦闘スーツをまとい、ブラックパンサーとして戦うティ・チャラは、祖国をそして世界を守ることができるのか?

引用元:公式ページ

 

キャスト

チャドウィック・ボーズマン

 

We brought #Wakanda to London, and y’all really showed up and showed out. 🙏🏾🇬🇧 #BlackPanther

Chadwick Bosemanさん(@chadwickboseman)がシェアした投稿 -

アフリカの小国ワカンダの新たな国王ティ・チャラ=ブラックパンサーを演じるのはチャドウィック・ボーズマンさんです。

1976年11月29日生まれで、2003年から俳優活動を始めています。

チャドウィック・ボーズマンさんが注目されたのが「42 世界を変えた男(2013年)」に主演した頃からで、その後は「ジェームズ・ブラウン最高の魂を持つ男(2014年)」などに出演しています。

上でも紹介していますが、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年)」でブラックパンサー役に抜擢されました。

 

マイケル・B・ジョーダン

 

Mood

Michael B. Jordanさん(@michaelbjordan)がシェアした投稿 -

ワカンダの秘密を知る謎の存在で複雑な出自を持つエリック・キルモンガーを演じるのはマイケル・B・ジョーダンさんです。

1987年2月9日生まれ。12歳で子役としてデビュー以来TVで活躍されていますが、2012年出演した「クロニクル」で映画界からも注目されました。

今作でメガホンを取ったライアン・クーグラー監督とは「フルートベール駅で(2013年)」や「クリードチャンプを継ぐ男(2015年)」でも組んでいます。

 

ルピタ・ニョンゴ

 

【 #happybirthday 】 さらに本日[03/01]は、本日公開映画『 #ブラックパンサー 』のヒロイン#ナキア を演じる #ルピタニョンゴ 35歳の誕生日🎁 ・ ・ 映画『ブラックパンサー』で主人公を務めるティチャラ国王の元恋人であり、親衛隊“ドーラ・ミラージュ”のメンバーでもあるナキアは、今作で一体どんな活躍をするのか!? ・ ・ さらに、ルピタ・ニョンゴは『#それでも夜は明ける 』でアカデミー賞助演女優賞を受賞するなど演技力を高く評価されている女優の1人で、『#スターウォーズ 』シリーズでは謎の宇宙海賊#マズカナタ をモーションキャプチャーで演じ、実写版『 #ジャングルブック 』では主人公モーグリの育ての母#ラクシャ の声を務めるなど様々なディズニー作品に出演していることでも有名です! ・ ・ ぜひルピタ・ニョンゴ出演作品を見てお祝いしよう!! ・ ・ #ディズニー #Disney #ピクサー #pixar #スターウォーズ #starwars #マーベル #marvel #marvelstudios #映画 #映画好きな人と繋がりたい #洋画 #アベンジャーズ #avengers #blackpanther #lupitanyongo

見習いジェダイさん(@entame1199)がシェアした投稿 -

ティ・チャラの幼馴染で元恋人ナキアを演じるのはルピタ・ニョンゴさんです。

1983年3月1日生まれ。成長後アメリカに渡り、舞台を経て映画スタッフとなった彼女。

女優デビューは2008年のこと、初の大作「それでも夜は明ける(2013年)」でアカデミー助演女優賞を受賞しています。

「スター・ウォーズ」の新シリーズや「ジャングル・ブック(2016年)」にも出演しています。

 

レティーシャ・ライト

ティ・チャラの妹のワカンダの王女シュリを演じるのはレティーシャ・ライトさんです。

1993年10月31日生まれ。2011年からTVに出演するようになり、映画は2012年に初出演しています。

MCU作品以外ではリーアム・ニーソン主演の「トレイン・ミッション(2018年)」、スティーブン・スピルバーグ監督の「レディ・プレイヤー1(2018年)」といった話題作に立て続けに出演しています。

 

ダナイ・グリラ

国王の親衛隊ドーラ・ミラージュの隊長にして最強の戦士オコエを演じるのはダナイ・グリラさんです。

1978年2月14日生まれ。2004年からTV出演を始めて、「扉をたたく人(2009年)」で映画デビューをしています。

2012年の第3シーズンから出演した人気TVシリーズ「ウォーキング・デッド」のミショーン役でブレイクしました。

映画の出演さくは他に「オール・アイズ・オン・ミー(2017年)」などがあります。

 

ブラックパンサーが大ヒットした魅力とは?

 

その1:斬新さが生んだムーブメント!

(出典元:youtube

舞台となるのはアフリカの架空の国「ワカンダ」です。

そもそもアフリカが舞台の時点で過去のMCU作品のそれとはまったく異なる設定なので、見た人の目には新鮮に映ると思います。

また主人公「ブラックパンサー」のキャラクター設定も斬新で、一国の国王でありながら、スーパーヒーローでもあるというところです。

昼間はOLで夜はキャバ嬢などというスケールの話ではありません(あたりまえである)

MCU作品で初めてとなる黒人のヒーローという点も斬新ですよね。

おそらくこの「人種」という要素が一つのフックになって、アメリカ国内はもちろん、世界中が抱える社会問題と大きく関わり、映画の枠を超えたムーブメントを作ったんじゃないかと思っています。

 

その2:女性の存在が重要な位置で描かれる!

(出典元:youtube

2017年公開の映画「ワンダー・ウーマン」が大成功を収めていましたが、これは「女性が主人公」という新たな方向性が観客に受け入れられた結果だと私は思っています。

ブラックパンサーの大ヒットの裏には、これと似たようなことが作用していると思います。

なぜならブラックパンサーの主人公こそ男性ですが、主人公を支える重要なキャラクターは全て女性で占められているんです。

ブラックパンサーのスーツなどを開発する天才科学者のシュリ、これまでのアクション映画であればおおかた男性が担ってきた役どころにも思えます。

ぽん吉
普段はちょっとさえないオタク気質なキャラだけど知識や技術は一流みたいな感じ?

そして直属のボディーガードである最強戦士のオコエも女性で、彼女がまとめる親衛隊は女性戦士で構成されていました。

黒人であるだけでなく、女性の強さを強調した点が「ブラックパンサー」の大きな特徴であり、観客にアピールする魅力の一つになっているのだと思います。

 

その3: MCUとの関連性が希薄!

(出典元:youtube

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」に登場していることからも分かるように、ブラックパンサーもまたマーベル・シネマティック・ユニバース(以後MCU)に連なる存在です。

ここ数年、MCUでは次々と新たなマーベルヒーローの主演作が誕生しています。

その作品の中で「アベンジャーズ」に繋がるであろう、わずかなリンク要素を観客に発見させ、主人公や周辺のキャラクターが今後どう絡むのかを予想させるような見せ方が多いんですよね。

でもそれほどMCUのファンではない人たちからすると、余計な寄り道に関係なく、素直にアクション映画の1作品として楽しみたいんですよね。

その欲求に「ブラックパンサー」はガッツリと応えています。

他のMCU作品との関連性が全くないわけではありませんが、そこを知らなくても映画のストーリーの本筋には全く影響がないため

MCU作品をほぼ知らなくても「ブラックパンサー」は十分に楽しめるんです。

 

その4:敵にも共感できる!

(出典元:youtube

例えば最新作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」に登場する敵「サノス」が典型的であるように

多くのマーベルヒーロー映画では、人類に脅威を及ぼす者や、サノスのように宇宙全体の平和を乱すような強力な「悪」が登場し、マーベルヒーローたちは救世主の役割を与えられてきていました。

しかし「ブラックパンサー」で敵として登場する「キルモンガー」は、主人公のティ・チャラと深い関係にある上に、その主張も完全な悪とは言えません。

ぽん吉
どういうこと?

国際社会へのワカンダのあり方についてティ・チャラと対立するものの、そこにはしっかりとした主義が存在しているんです。

こうしたグローバリズムを巡る主張も、ある側面で見れば十分に納得できるものなので、今作を観てキルモンガーに感情移入する人も多いと思います。

こういった点は、見方を変えれば善と悪も逆転する可能性があるという、現代社会を映し出しているかのような強いメッセージ性を感じ得ます。

ぽん吉
敵のあり方も深いのね・・・

 

その5:現代の世相にマッチしたテーマ性!

(出典元:youtube

映画を見ていると多様性、男女格差の解消、閉鎖性から解放へといったテーマが見え隠れしています。

これはトランプ政権が「国境に壁を作る」などと宣言し、白人至上主義めいた発言を繰り返したことに対して

人々が抱いているであろう「不満」や「閉塞感」に対するアンチの意味があるのかもしれません。

監督ライアン・クーグラーは元々「フルートベールの駅で」のような社会性のある作品を撮っていますので、意識してこのような構成を取ったのかもしれませんね。

 

まとめ

いかがでしたか?

「ブラックパンサー」はこれまでのマーベルヒーローの作品と異質、そう、一言で言えば異質なのです。

単にアクション映画としても興奮するシーンが満載ですが、登場する敵役の主張が完全悪ではない点だったり、女性の役割の大きさだったり

さらには国際社会における多様性やグローバリズムといったところも一つのテーマとして描かれるなど

現代の社会全体がそういった点に大きく共感したことが大ヒットに繋がったのかもしれません。

さらには、あのオバマ元大統領夫人も今作に対しSNS上で次のように発信しています。

この作品はあらゆるバックグラウンドの人々がうちなる勇気を見いだし

それぞれの人生でヒーローとなるインスピレーションを与えてくれるはずです。

映画「ブラックパンサー」はインテリ層のハートも刺激してヒットの追い風となっていたということですね。

間違いなく「2018年を代表する一本」となった映画「ブラックパンサー」、気になった方は是非チェックしてみてください!

-映画

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.