好きなことをコツコツ情報発信していくブログ

出産・育児

赤ちゃんの朝寝はいつまで?娘の朝寝がなくなった過程をご紹介!

投稿日:

赤ちゃん 朝寝 いつまで

こんにちは!はなこです。

我が家の娘は、もうすぐ1歳3か月という頃から朝寝がなくなりました。

ですが、ある日突然すんなりと朝寝をしなくなった訳ではありません。

「朝寝がなくなりそうな兆候」を感じてから、完全に朝寝がなくなるまでの数か月間は結構大変でした。

大変だった大きな理由は、娘が「朝眠れないのに昼寝まで起きていられなかった」こと。

完全に朝寝がなくなるまでの数か月間は、「娘にとって過ごしやすい生活リズム」を模索する毎日でした。

そんな訳で、この記事では、次のような内容についてまとめています。

  • 赤ちゃんの朝寝はいつなくなるのか
  • 我が家の娘の朝寝がなくなった過程
  • 朝寝がなくなった娘の昼寝状況

「そろそろ朝寝はいらないのかな?」と、我が子の様子に変化を感じ始めている方の参考となれば幸いです。

 

赤ちゃんの朝寝はいつまで?

赤ちゃんの朝寝は、1歳3か月頃になくなる子が多いようです。

娘もまさに、もうすぐ1歳3か月という頃に朝寝がなくなりました。

ちなみに、朝寝・昼寝の時間など、赤ちゃんの「眠り」について詳しく知りたい方は、こちらの本がおすすめです。

赤ちゃんの朝寝がなくなる時期や、朝寝がなくなった後の生活スケジュールについても、こちらの本に詳しく書かれています。

子育て中はなかなか読書の時間が作れないお母さんも多いと思いますが、こちらは漫画になっていますので、隙間時間にサッと読めてオススメです。

家事の合間や子どもの抱っこ中に読むなら、スマホで簡単に読める電子書籍版が読みやすいかもしれません。

 

娘の朝寝がなくなった過程

ここからは、我が家の娘の朝寝がなくなった過程についてご紹介したいと思います。

娘の朝寝がなくなるまでの過程は、次の3段階の時期に分けることができます。

時期内容
1歳を過ぎて数日初めて朝寝の寝つきが悪くなり始める。
約3か月間朝眠れないのに昼寝まで起きていられないようになる。娘の生活スケジュールを模索していた時期。
もうすぐ1歳3か月の頃完全に朝寝がなくなる。

娘の朝寝が完全になくなったのは、もうすぐ1歳3か月という頃でした。

ですが、初めて「朝寝がなくなりそうな兆候」を感じたのは1歳になって数日経ったある日のこと。

初めて朝寝の寝つきが悪くなり、寝かしつけに大苦戦しました。

その日から、朝寝が完全になくなった日までの約3か月間は、「朝眠れないのに昼寝まで起きていられない」娘の生活スケジュールを模索していた期間でした。

娘は約3か月という時間をかけて、少しずつ「朝寝がなくても起きていられる体力」を、成長と共に身に着けていたのだと思います。

 

初めて朝寝の寝つきが悪くなった日

初めて朝寝の寝つきが悪くなったのは、1歳になって数日経ったある日のことでした。

いつもなら9:00頃に朝寝の寝かしつけを開始して、遅くても30分以内には必ず眠り始めていた娘。

それが、1時間経っても一向に眠る気配がなく、目がぱっちりで全く眠そうではありませんでした。

完全に遊ぶ気満々で、ハイハイで布団から逃げ出す娘を何度も抱き止めては寝かせる…を繰り返していました。

最終的には泣き叫んで眠るのを嫌がるので、寝かしつけは諦めて遊ばせることに。

すると…機嫌良く遊び始め、結局、その日は昼寝一回のみで終了しました。

はなこ
あれ?朝寝は必要なくなったのかな?

 

朝眠れないのに昼寝まで起きていられない

初めて朝寝の寝つきが悪くなった日の翌日。

はなこ
昨日は昼寝だけで大丈夫だったから、今日から朝寝は無しにしよう!

ですが、話はそんな単純なものではありませんでした。

まずは、いつもなら朝寝の寝かしつけを始める9:00をスルー。

そして、10:00になった頃、娘の機嫌が急激に悪くなりました。

遊んでても抱っこしててもすぐにグズるので、とても普通に起きていられる状態ではありませんでした。

はなこ
やっぱり朝寝はまだ必要だったのかな?

そう思い、今度は寝かしつけようとしてみますが、前日と同様に泣き叫んで眠るのを嫌がります。

その日は、グズる娘をなだめながら、なんとか昼まで起こしていましたが、機嫌が悪過ぎて昼ご飯もまともに食べることができず。

昼ご飯の最中に眠くて泣き始めた娘を布団に連れて行き、泣きながらやっと昼寝を始める流れとなりました。

 

朝寝はいらない?それとも、まだ必要?

朝寝させようとすると寝ない、かといって昼寝までは起きていられない娘。

はなこ
朝寝はいらない?それとも、まだ必要?

そんな疑問を抱きながら、色々な生活スケジュールのパターンを毎日試してみる日々が続きました。

その結果、出た結論は「まだ、娘には朝寝が必要」でした。

そんな結論にたどり着いたのは、次の2つの生活スケジュールのパターンを試してみた結果、どちらもうまくいかなかったからでした。

プラン①
《早めに昼寝を始めて、たっぷり眠らせる》

プラン②
《午前中は刺激を求めて外出して、昼寝の時間まで遊び倒す》

どちらも「朝寝をなくして昼寝まで起こしておく」という共通点があり、昼寝を始める時間に違いがあります。

 

プラン①
《早めに昼寝を始めて、たっぷり眠らせる》

今までは9:00頃から1時間の朝寝、そして13:00頃から1時間の昼寝で、朝寝と昼寝を合わせて約2時間程眠っていた娘。

このプランは、なんとか朝寝をしないで11:30頃まで起こしておき、そこから約2時間程眠ってもらおう!という作戦でした。

いざ実行してみると、10:00頃から早くも娘の機嫌は最悪に。

グズる娘をなんとかなだめながら、やっとのことで11:30まで乗り切りました。

少しでも長く昼寝をしてほしかったため、11:15頃から早めのお昼ご飯を食べさせてみるも…。

泣き叫んで大好きなバナナさえ食べなかったのでお昼ご飯はそこで即終了。そのまま布団に直行しました。

なんとか、予定通り11:30頃から眠り始めた娘でしたが、今までの1時間睡眠が習慣になっているせいか、1時間程で起床してしまいました。

今までは、13:00から14:00頃まで昼寝をしていたのに、12:30に早くも昼寝が終了してしまった娘。

はなこ
これは…夜まで起きていられるの?

結果、起きていられませんでした。

16:00頃、早めの夜ご飯を食べさせていると、再び眠気がピークに。

泣き叫んでご飯どころではなくなってしまったので、結局そこから30分程寝かせることになってしまいました。

なんとかその日一日を乗り切ることはできましたが、娘は基本的にグズり続ける一日となってしまいました… 。

 

プラン②
《午前中は刺激を求めて外出して、昼寝の時間まで遊び倒す》

プラン①が失敗して分かったことは、朝寝を省いたからといって長く眠ってくれるとは限らないということでした。

つまり、朝寝をしない場合でも、早めに眠らせるのではなく、昼寝の時間までしっかりと起こしておく必要があるということです。

そこで、午前中は刺激を求めて外出して、なんとか娘が機嫌良く起きていられるように試してみることに。

今まで朝寝を始めていた9:00頃になると同時に家を出発し、あちこちとベビーカーで散歩に行ってみました。

その結果、このプランも失敗に終わりました。

10:00頃になると、娘はベビーカーに座りながらウトウト。

なんとか起きていてもらおうと、色々と注意を引いてみましたが、数分後には熟睡してしまいました。

恐らく、ベビーカーの揺れで気持ちよくなってしまったのでしょう。

そもそも、ベビーカーの上で眠らない方が無理があったのかもしれません。

ですが、その頃の娘はまだ掴まり立ちをしている時期でしたので、外に行くにはベビーカーでお散歩くらいしか選択肢がありませんでした。

もう少し歩けるようになっていたら、公園で歩かせたり、色々と方法はあったのかなと思います。

 

朝寝はまだ必要!でもどうやって眠らせる?

ここまで、娘の朝寝をなくしてみようと、色々な生活リズムのパターンを試してみました。

ですが、どうしても一回の昼寝では睡眠が足りず、夜まで起きていられることはできませんでした。

つまり、「娘にはまだ朝寝が必要」そんな結論に至りました。

娘の朝寝が必要ということが分かったものの、次の問題は寝ない娘をどうやって眠らせるか。

そこで、どう過ごせば娘が眠りやすいのか、眠る前の過ごし方や寝かしつけ方法について見直してみることにしました。

娘が眠りやすい過ごし方を探るため、試してみた方法は次の2つです。

プランA
《朝寝・昼寝の前にはなるべく身体を動かして疲れさせる》

プランB
《お決まりの入眠合図を作る》

 

プランA
《朝寝・昼寝の前にはなるべく身体を動かして疲れさせる》

大人もそうですが、疲れている時は眠くなるもの。

今まではのんびりと自由にお家遊びをしていることが多かったですが、なるべく身体を使う遊びをさせて疲れさせる作戦を実行してみることにしました。

午前中は家事で忙しく、娘を外に連れ出す時間がないので、朝寝の直前に、簡単なリトミックのDVDなどを流して全力で娘と遊ぶようにしました。

また、午後は屋内のキッズルームなどに連れて行き、なるべく娘が刺激を感じるような、家以外の場所で過ごさせるようにしました。

結果、この作戦は結構うまくいきました。

ここ最近は、寝かしつけの度に泣き叫んで暴れる娘に大苦戦していましたが、全く泣くことなく、朝寝・昼寝共にスムーズに入眠することができるようになりました。

ですが、このプランの難点は、いつもいつも全力で娘の相手ができるとも限らないこと。

そして、毎日毎日、娘が刺激を感じることができる、新しいこと・新しい場所を追い求めて行くのは限界があるということでした。

はなこ
この作戦、ずっとは続けられないな…。

 

プランB
《お決まりの入眠合図を作る》

疲れさせるとスムーズに眠れることは分かりましたが、プランAはずっと続けることは難しい作戦でした。

そこで、次に考えたのが、「お決まりの入眠合図」を作るということ。

今は寝る時間ということが娘にも理解しやすいように、娘にとって分かりやすい入眠合図を新しく作ることにしました。

今までの寝かしつけは「暗い部屋で添い寝をする」ということだけでしたが、そこに「オルゴールを流す」ことを追加することに。

結果、これは、かなり効果がありました。

最初の数日はオルゴールを流しながら少し抱っこで眠気を誘い、手足がぽかぽかと温かくなってきたタイミングで布団に寝かせるとすーっと眠っていきました。

そんなことを数日続けているうちに、段々とオルゴールの音を流すだけで、反射的に手足がぽかぽかと温かくなり、娘の身体が眠気を感じていることが分かりました。

オルゴールを入眠合図にする作戦がうまくいってからは、寝かしつけに苦戦することなく朝寝・昼寝共に今までと変わりなく1時間ずつ眠れるようになりました。

はなこ
色々試した結果、またいつも通りの生活に戻ったのね…。

1歳を過ぎて寝かしつけに苦戦するようになったのは、朝寝がなくなる合図だとばかり思っていました。

間違いなく段々と長く起きていられる体力は付きつつあるので、朝寝がなくなる兆候ではあったと思います。

ただ、少しずつ付いてきた体力によって必要になっていたのは、まだ「朝寝をなくすこと」ではなく、「まだ少し起きていられるけど眠ろう!そう思える寝かしつけ方法」でした。

 

完全に朝寝がなくなった日

娘の朝寝がなくなったのはある日突然でした。

もうすぐ1歳3か月という頃、いつも通り朝寝をさせようと寝かしつけを始めるも、全く寝る気配がありません。

1歳と数日のタイミングでもそんなことがありましたが、その時とは少し様子が違いました。

以前は泣き叫んで逃げ出そうとしていましたが、その時は布団で大人しく寝ながら機嫌よく何かを話しながら天井を見つめていました。

30分経っても1時間経っても目はぱっちり。

全く眠る気配がなかったので、布団からリビングに移動すると嬉しそうに遊び始め、結局その日は昼寝一回だけで、午前中も、昼寝の後も、機嫌良く過ごすことができました。

以前のパターンでは、朝寝なしで起きていられた娘を、翌日から朝寝をなくそうとしたところ、うまくいきませんでした。

なので、今回もまた朝寝が復活するとばかり思っていましたが、結局その日を境に娘は全く朝寝をしなくなりました。

 

朝寝がなくなった娘の昼寝状況

朝寝がなくなる前と後で、娘の睡眠時間はどう変化したのか比較してみました。

種類beforeafter
起床5:305:30
朝寝9:00~10:00無し
昼寝13:00~14:0011:00~12:30
就寝19:0018:30

以前までは朝寝と昼寝を1時間ずつしていましたが、朝寝がなくなってからは以前より少し早めの朝寝を1時間半程するようになりました。

午前中は機嫌良く起きていられるものの、お昼近くなってくると、やはり朝寝が無い分かなり眠いのか、よくお昼ご飯を食べながらウトウトしています。

また、昼寝が早い分、夜眠くなるのも早いようで、以前より就寝時間が30分程早まり、18:30には眠ってしまうようになりました。

 

まとめ

改めて、娘の朝寝がなくなった時期は次の通りです。

  • 1歳と数日頃に朝寝の寝つきが悪くなった
  • 完全に朝寝がなくなったのは1歳3か月頃

朝寝の寝つきが悪くなってから、完全に朝寝がなくなるまでの3か月間は、娘が過ごしやすい生活スケジュールを模索する日々で、少し大変な時期でした。

朝寝がいつなくなるか、どんな風になくなるかは、その子の個性や成長によって様々だと思います。

きっと、もっとすんなりと朝寝がなくなる子も、たくさんいると思います。

ですが、子育てはなかなか思い通りにいかないものです。

もしも、朝寝の寝かしつけが大変になったら、または、今までの生活パターンで過ごしにくいと感じるようになったら、我が家の娘の朝寝がなくなるまでの過程が参考となれば幸いです。

 

-出産・育児

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.