好きなことをコツコツ情報発信していくブログ

旅行記

伊豆熱川で子連れ家族にお勧めの宿泊先!キッズルームもあるホテルカターラをご紹介 

投稿日:2019年11月29日 更新日:

伊豆 熱川 子連れ 家族 お勧め 宿泊先 ホテルカターラ キッズルーム

こんにちは!はなこです。

先日、10か月になる娘と伊豆熱川へ旅行に行ってきました。

赤ちゃん連れの旅行となると、宿泊先はどこでも良いという訳にはいきません。

畳の部屋で、内風呂がついていて、料理は娘と一緒に食べやすいか…。

今思うと、夫婦2人だけで旅行に行っていた時によくこだわっていたのは、美味しい料理に、お洒落な雰囲気、綺麗なお風呂。

娘が産まれてから、宿泊先を選ぶ観点がずいぶん変わったものです。

ほはば
確かにね。

そんな訳で「娘第一」の精神で色々と宿泊先を調べていたところ、子どもにとって夢のようなホテルを発見してしまいました。

この記事では、わたしたちが伊豆熱川で実際に泊まった、子ども連れに超オススメの『伊豆熱川温泉ホテルカターラRESORT&SPA』についてご紹介したいと思います。

 

「ホテルカターラ」の場所

ホテルカターラは、全室オーシャンビューなだけあって、熱川の海のすぐ近くに位置しています。

伊豆熱川駅からは徒歩5分の距離ですが、駅からの送迎バスもあるようです。

ホテル周辺は少し坂もありますので、送迎バスがあるのは安心ですね。

また、ホテルからは「熱川海水浴場 YOU湯ビーチ」もとても近く、徒歩5分程で行けてしまいます。

夏は、海遊びの宿泊先として利用するのも楽しそうです。

 

「ホテルカターラ」の駐車場

ホテルカターラは車道から、少し奥に入ったところにあります。

目印はこの看板!

 

看板を目印にして左に曲がると、ホテルカターラはこの道の先にあります。

奥に見えている白い建物がホテルカターラです。

 

駐車場はこんな感じ。

結構広く、30台程は余裕で停められそうな感じでした。

 

「ホテルカターラ」に泊まってみた!

駐車場から、まず目に入るのはリゾート感溢れるこちらのエントランス。

建物としては結構古そうですが、エントランスは少し新しい雰囲気。

一部リノベーションでもしているのかもしれません。

 

建物に入るとすぐにフロントがありました。

色味のある、なかなかお洒落な雰囲気です。

 

フロントの横には広々としたロビーもありました。

こりらも、リゾート感が漂っていて、内装へのこだわりも感じられます。

 

フロントの横にはカラフルな浴衣が用意してありました。

子ども用の浴衣も70~120cmまで10cmサイズ毎に用意があるようです。

浴衣選びのポイントは、子どもの身長-20cmが目安とのこと。

身長が90cm以上あれば子ども用の浴衣を着ることができそうですね。

そういえば、私自身、小さい頃は旅館に行くと大人の浴衣が羨ましかったのをよく覚えています。

はなこ
娘がもう少し大きくなったら着させてあげたい…。

 

フロントで部屋の鍵をもらった後は、エレベーターに乗り、今日泊まる部屋を目指します。

こちらは、部屋の外の廊下です。

ほはば
ここは少し年期を感じるような…。

 

荷物が多かったので、台車を貸していただきました。

はなこ
らくらく~。

 

私たちが今回泊まったのはこちらのお部屋。

部屋タイプの中で一番安かった「スタンダード和室10畳」です。

よくあるタイプの普通の旅館の一部屋といった雰囲気です。

ホテルカターラには、他にも、洋室和洋室露天風呂付の部屋など、色々なタイプの客室が揃っているようでした。

 

窓際のスペースには小さな冷蔵庫もありました。

 

冷蔵庫の中には無料の水が2本入っていました。

 

こちらは洗面所兼脱衣所で、左の扉はお風呂に続いています。

 

大人用のアメニティの他に、子ども用のアメニティも用意してありました。

子ども用のアメニティはキリンの絵柄のついたタオルとハブラシのセット。

タオルを娘に渡すと、嬉しそうに遊んでいました。

 

こちらはトイレ。

明るく綺麗なトイレで文句なしです。

 

「ホテルカターラ」のいいところ

いたずら好きの赤ちゃんでも安心!のシンプルな客室

私たちが泊まった「スタンダード和室10畳」は、ホテルカターラの客室の中でも一番シンプル。

娘に触ってほしくない、お茶セットや電気ポットなどは、部屋に入ってすぐに窓際のスペースに隠し、障子を閉めてしまいました。

さらに、洗面所やお風呂、トイレなどがある玄関スペースとの間にも襖があり、襖を閉めてしまえば和室と完全に空間を分けることができます。

畳の広いスペースで娘を自由に遊ばせておくことができ、とても生活しやすかったです。

 

娘は掴まり立ちしてみたり、畳の感触を楽しんだり、部屋の中をあちこち探検していました。

ほはば
楽しそうで何よりだねー。

 

大浴場に行けなくても大丈夫!客室のお風呂も温泉!

娘はまだ歩くことができないので、どこか旅行に行っても、お風呂はいつも部屋に付いているお風呂で済ませてしまいます。

娘が眠った後に、大人だけこっそりと大浴場に行くこともあるのですが、夜は移動疲れでそのまま眠ってしまうことも多く…。

はなこ
せっかく温泉に来たのに、温泉に入れなかった…!

温泉が大浴場のみの場合、そんな残念な思いをする時もあります。

ですが、嬉しいことに、ホテルカターラは客室のお風呂も温泉!

大浴場に行かなくても温泉が堪能できるのは、赤ちゃん連れにはとてもありがたいです。

そして、旅行先にいつも持って行っているのは、こちらのベビー用バスチェア。

空気を抜けば小さくなるので、荷物にならず、かなり重宝しています。

 

全室オーシャンビュー!客室からの景色が最高

ホテルカターラは、なんと全室オーシャンビュー!

私たちが泊まった部屋から見えた景色はこんな感じ。

すぐ目の前に、どこまでも続く熱川の海が広がっています。

ほはば
気持ちの良い景色だね~!

 

バルコニーには椅子も用意してありました。

朝、この椅子に座ってコーヒーでも飲んだら気持ちが良さそうですね。

 

雨降りの日でも遊べる!室内プール&スパ

私たちが今回、ホテルカターラに泊まることにした一番大きな決め手は、ホテル内に室内プールとスパがあること!

はなこ
娘の初めてのプールはここに決まり!

そう意気込んでいたのですが…。

色々な観光地を巡っているうちにあまり時間がなくなってしまい、娘のプールデビューは今回は見送ることとなりました。汗

写真は、ホテル内から見えた、室内プールの様子です。

ほはば
結構広い!

 

プールの様子は、ホテル内のソファースペースから見ることができるようになっていました。

おじいちゃんやおばあちゃんも一緒に旅行に来た場合、ここから孫の様子を見守ることもできそうですね。

 

ソファースペースの横には、軽食やドリンクを注文することができる、小さなバーのようなお店もありました。

そして、今回は行くことができませんでしたので写真はありませんが、室内プールの他に、子どもが楽しめる雰囲気のスパもあり、水着着用で家族全員で楽しむことができるようです。

オムツをしている赤ちゃんも、水遊び用のオムツを着用していれば、入ってもOKとのこと。

また、フロント横では子ども用の水着のレンタルもしているようでした。

はなこ
次回こそはプールに入りたい!

 

何時間でも楽しめる!おもちゃ超充実のキッズルーム

ホテルカターラは、とにかく子どもが楽しめる仕組みが盛りだくさん。

ホテル内に超特大のキッズルームがあると聞き、ホテルに到着後、早速行ってみることにしました。

 

キッズルームがある階に降りると、早速トーマスと恐竜がお出迎え。

トーマスは、子どもを乗せて一周できるようになっていました!

はなこ
まるで小さな遊園地だね…!

…と、奥に、“令和おじさん” こと菅官房長官の顔はめパネルを発見しました。

 

はなこ
新元号は…、令和であります!

令和の記念にパシャリ。

娘は猛烈に嫌がっていました…。汗

 

そして、ついに現れた超特大キッズルーム!

ほはば
ホテル内にこんな大きなキッズルームがあるなんて…。

 

滑り台にボールプール、山盛りになったぬいぐるみや、おもちゃの数々…。

思わず私も童心に返ってワクワクしてしまいました。

 

壁の一部はボルダリングができるようになっていました。

赤ちゃんから小学生まで、幅広い年齢の子が楽しめそうなキッズルームです。

 

こんな大きなぬいぐるみ、初めて見ました…!汗

 

部屋の一角にはトランポリンまで!

誰も遊んでいなかったので娘を遊ばせてみたかったのですが、対象年齢は2歳~8歳。

10か月の娘が遊べるのはまだ少し先でした。

はなこ
残念。

 

室内なのに、こんな大きな滑り台やブランコまでありました。

子どもは一日中遊んでいられそうです。

 

家のおもちゃではなかなか実現できないスケールのプラレールもありました。

ほはば
コースがすごい…!

 

ですが、プラレールは有料のよう。

ちゃっかり商売していますね。

 

キッズルーム内を散策していると、何やら奥まったところにお洒落な感じのスペースを発見。

 

行ってみると、卓球台がありました。

温泉と言えば、やはり卓球!

ほはば
そうなの…?

これは大人も楽しめますね。

 

ちょっとした椅子や得点ボードなんかも用意してありました。

 

卓球台があるスペースの隣の空間には、ダーツやスロットゲームもありました。

はなこ
何でも揃ってるね~!

 

キッズルームのすぐ前のエリアにはお土産処もありました。

お母さんがお土産を見ている間、お父さんと子どもはキッズルームで遊ぶ…なんてこともできそうです。

ちなみに、キッズルームは10:00のチェックアウト後も12:00までは遊んでOKのようです。

 

料理の種類が豊富なバイキングが楽しめる!

ホテルカターラは夜ごはんも朝ごはん、全てバイキングです。

夜ごはんの目玉は、なんと言っても蟹でしょうか。

 

お刺身も数種類並んでいるので、自分で好みの海鮮丼を作ることができます。

 

洋食のおかずも色々と揃っていました。

 

こちらは天ぷらコーナー。

ほはば
揚げているところが見られていいね!

 

中華もののコーナーもありました。

はなこ
色々なジャンルが揃ってるね!

 

こちらは、中華コーナーで作ったミニラーメン。

なかなか美味しそうです。

 

ミニスイーツもたくさんありました!

小さい子どもも、とても喜びそうです。

 

続いて、朝ごはんのバイキングの様子もご紹介します。

ハムや卵など、朝ごはんらしいメニューがずらっと並んでいます。

 

サラダコーナーもありました。

朝からしっかりと野菜を食べられるのはありがたいです。

 

こちらは干物などの焼き魚のコーナー。

ほはば
伊豆に来たら、やっぱり干物は食べておきたいところだね!

 

とろろや明太子、しらす、納豆など、ご飯のお供も充実していました。

 

こちらには、少し変わったメニュー。

鹿児島の郷土料理「鶏飯(けいはん)」もありました。

 

朝はパン派の方も安心。

パンも数種類揃っていました。

 

そして、朝ごはんのバイキングの中で一番ありがたかったのはこちら。

「お粥」です。

旅行中、娘にはレトルトの離乳食を食べさせていたのですが、どうもレトルトは好きではないようで、なかなか食べない!

いつもはモリモリ食べる娘が超小食になり心配していたのですが…。

こちらのお粥を見つけたので、食べさせてみたところ、いつもの食欲が復活!

美味しそうにたくさん食べてくれたので、とても助かりました。

私自身は、バイキングでお粥なんて気にかけたこともありませんでしたが、まさかこんなにもお粥にありがたみを感じる日がくるとは…!

はなこ
助かった…!

 

バイキング会場では、こんな赤ちゃん用の椅子を借りることもできました。

ただ、家族連れが何組も泊っているようなホテルなので、バイキング会場は子どもでいっぱい!

タイミングによっては椅子が出払っていて借りられないこともあるかもしれません。

現に、私たち家族も、夜ごはんのタイミングでは借りることができず、車からベビーカーを持ってきて食べさせていました。

 

ご飯を食べるスペースはこんな雰囲気。

結構広い空間なのですが、家族連れがとても多いので、朝も夜もとにかく賑やかでした。

大騒ぎしている子や泣き叫んでいる子もいて、まるで保育園や幼稚園に来たかのよう。汗

赤ちゃん連れの場合、子どもが多少グズっても周りへの迷惑を気にする必要がなく過ごしやすいと思います。

 

温泉街らしい景色を楽しむことができる!

ホテルにチェックインした後、少し時間があったので、ホテルの近くをぶらぶらと散歩してきました。

前方には白い煙が立ち上り、なんとも温泉街らしい景色が広がっています。

 

夕方でもう閉店していましたが、ひもののお店も軒を連ねていました。

 

この下り坂、この川、街の様子…。

温泉地に来たことを実感しながら歩いて行くと…前方に海が見えました。

 

ホテルの部屋からも見えていた海です。

 

娘にとっては、まだ数回しか見たことのない海。

広い海を指差して何を感じたのでしょうか。

 

「ホテルカターラ」の微妙なところ

娘が障子を破らないかハラハラ

繰り返しになりますが、私たちが宿泊した「スタンダード和室10畳」は、部屋の構造がとてもシンプル。

娘を自由に遊ばせておくにはとても良い空間でした。

しかし、一つだけ難点を挙げるとすると、窓際のスペースと和室との間の間仕切りが障子だったこと。

はなこ
娘が障子を破らないかヒヤヒヤ!

幸い娘は障子が破れる素材であることに気が付かなかったようで、何事もありませんでしたが…。

娘はちょうど掴まり立ちが盛んな時期でしたので、触っても問題ないような素材を使った仕切りであれば、よりありがたかったです。

そもそも、子連れファミリー歓迎のホテルですので、なぜ障子案が採用されたのか…。

私たちが泊まる前から既に障子には一か所破られた跡がありました。

恐らく前に泊まった家族の子どもが破ったりでもしたのでしょう。汗

 

空調の調整が難し過ぎる

私たちが宿泊したのは、9月の終わり頃。

もうすぐ夏も終わりという時期でしたが、まだ残暑が厳しく、暑がりな娘のため、まだまだ夜もクーラーが必要でした。

部屋にはエアコンはなく、空調のスイッチを入れると、この木の格子の向こう側から風が出るような仕組みになっていました。

 

空調のスイッチはこんな感じ。

なんともざっくりとした選択肢です…。汗

冷房や暖房の選択もありませんでしたが、そこは季節によってホテル側で切り替えているのかもしれません。

試しに「LOW」に切り替えてみると、冷え冷えの風が、とても「LOW」とは思えない勢いで、格子の向こう側から吹いてきました。

ほはば
これは…付けたまま眠ったら風邪ひくね…。

ということで、眠る時は空調のスイッチは切ることにしました。

幸い、私たちが泊まった時期は、昼間はまだ暑いものの、夜になると少し涼しくなってきた頃でしたので、なんとか一夜を乗り切ることができましたが…。

建物の造りの古さを感じてしまったポイントでした。

 

禁煙なのに、若干煙草の匂いがする

ホテルカターラは2014年4月1日から、全室禁煙となったそうです。

にも関わらず、朝起きた時、部屋に若干煙草臭を感じてしまいました。

全室禁煙になる前に部屋に染み付いた匂いなのか、空調を通じて禁煙室から流れ込んできたのか。

 

ベランダには灰皿が置いてあり、ベランダでは喫煙可能なようでした。

どうせなら禁煙を徹底してほしいと思ってしまうのは、喫煙していない人間の勝手な気持ちなのでしょうか…。

 

子どもは楽しいバイキング!大人にはいまいちの味

ホテルカターラは種類豊富なバイキングが楽しめる!

ということで、結構楽しみにして来ていたのですが、正直味はまぁまぁでした。

美味しいものもあったのですが、全体的に、

はなこ
まぁバイキングだしこんなもんかな。

そんな風に感じてしまいました。

ですが、これは大人の意見。

子どもは、辛口グルメな子でなければ、恐らく楽しめるのではないかと思います。

デザートも豊富で、アイスなんかもありましたので、子どもは色々と選んで楽しむことができそうでした。

 

最後に

今回私たちが泊まったホテルカターラは、子どもが楽しめるスペースが盛りだくさんのホテルでした。

私たちは10か月の娘と一緒に泊まりましたが、もう少し成長したら、より色々と楽しめるようになると感じました。

良いところも微妙なところも、色々とご紹介しましたが、結局は子どもが楽しめることが一番重要だと思います。

ぜひ、ご家族で伊豆熱川周辺に旅行に行く際は、一度泊まってみてはいかがでしょうか?

 

 

-旅行記

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.