好きなことをコツコツ情報発信していくブログ

旅行記

軽井沢旅行!子連れの複数家族で泊まれる安い宿はもうここで決まり!

投稿日:2019年9月7日 更新日:

赤ちゃん 複数家族 軽井沢 宿

こんにちは!はなこです。

先日、夏の軽井沢へ旅行に行ってきました。

参加メンバーは私たち一家以外に親戚家族もいたので、

大人5名、子ども1名(4歳)、幼児2名(0歳)のなんと総勢8名!

はなこ
8名での旅行ってどんな感じになるんだろう?

ただですね~・・・企画をしたはいいものの

大人数な上に、まだまだ睡眠が不安定な0歳児が2名もいたので、そもそもどんな宿に泊まればいいのかが全くイメージできませんでした。

宿探しの条件としては

  1. 寝室が2部屋以上ある
  2. 2泊するので出来るだけ宿泊費を抑えたい

といったところ。

何と言っても特に気にすべきは幼児2名の存在。

どちらかの赤ちゃんが泣いたら引きずられる形でもう片方の赤ちゃんも泣いてしまうだろうと予想していたので

寝室が2部屋以上あることは必須条件だなーと考えていました。

これはホテルに宿泊して、それぞれ別の部屋に泊まれば簡単に解決出来そうですが、そうなると必然と料金が高くなってしまうんですよね。汗

はなこ
困った・・・

そんな感じで、数日間探しに探しました。

そして、

とうとう私たちの条件を全て叶えてくれる理想の宿を見つける事ができました。

その名も『ベルエールの森』

というコテージです。

ほはば
コテージと来たか!

という事で、この記事では子連れの複数家族でも宿泊費を抑えて泊まれるベルエールの森のコテージについて紹介したいと思います。

 

『ベルエールの森』の場所

コテージがある場所は群馬県の嬬恋村というところで、浅間山の北側に位置しています。

軽井沢町から車で40分程のところにあるので、軽井沢観光をすることもできます。

浅間山のふもとにはキャベツ畑がどこまでも広がっていて、とても気持ちの良い景色でした。

街灯もほとんど無く、夜中は真っ暗になるので、夜になれば満天の星空を見ることができます。

ただ私たちが泊まった日はあいにく天気が悪く、星空観賞会は実行ならずでした…。

はなこ
次に行った時はリベンジしたい!

 

ベルエールの森のいいところ

その1:品数豊富なスーパーが近くにある!

コテージから車で15分程のところにもスーパーがあり、食材の買い出しなどはここで全て賄えちゃいます。

ですが、特におすすめなのが軽井沢にあるツルヤです。

ツルヤまでは車で40分程かかるので少し遠いのですが、とにかく大きなスーパーで品揃えが抜群に良いです。

果物、野菜、お惣菜、パン…、ここに来れば何でも揃います。

オリジナルのジュースやジャムも沢山の種類かあり、お土産にもピッタリなので、ついあれもこれもと買いたくなってしまいます。

 

その2:子どもが楽しめるテーマパークが近くにある!

コテージから車で15分程の場所には、子どもの楽園軽井沢おもちゃ王国があります。

全然知らなかったのですが、かなり人気の施設のようで、朝早くから子ども連れファミリーが大勢来ていました。

おもちゃの王国というだけあって、プリキュアやアンパンマンなどの子どもに大人気のキャラクターのおもちゃで遊ぶことができ、

子ども用のアトラクションも充実しているので小学生くらいまでの子どもには夢のような施設だと思います。

観覧車やゴーカートのほか、ニジマス釣りやアスレチックや巨大迷路もあるので、一日中遊んでいられるテーマパークです。

 

その3:標高の高い絶景の景勝地が近くにある!

コテージから車で15分程のところには絶景の景勝地『鬼押出し園』があります。

かつて、浅間山が噴火した時に流れ出た熔岩が冷えて固まり、黒いゴツゴツとした岩となった大地を見ることができる公園です。

舗装された散策コースがいくつかあるので、ちょっとしたハイキングも出来る場所となっています。

 

その4:滅多に見れない熔岩樹型が近くにある!

歩いて15分程のところでは、『浅間山熔岩樹型』を見ることもできます。

熔岩樹型とは、その昔浅間山が噴火した時に、この付近の森の木一本一本の周りを取り囲むように熔岩が流れ、

その熔岩がやがて冷えて固まった後に木が燃えて朽ち果て、木が生えていた場所が洞穴になっているもののことを言うそうです。

コテージから歩いて行けるので、朝の森林浴散歩にピッタリでした。

 

『ベルエールの森』のコテージをご紹介!

はなこ
それでは、いよいよ私たちが泊まったコテージを見ていきましょう!

『ベルエールの森』に到着すると、大きな駐車場が現れます。

ここに車を停めて、まずは右奥に見える管理棟にチェックインを済ませに行きます。

 

こちらが管理棟です。

私たちが行った時は夏でしたが、クリスマスツリーのような飾りがありました。

まるで物語に出てきそうな森の中の小さな小屋で、とても可愛い雰囲気でした。

こちらでチェックインを済ませて、説明を受けた後にコテージへと向かいます。

 

敷地内にはこんな感じの彫刻がいくつもありました。

ほはば
これは…“ベルエール”っぽいね…!汗

 

なんとも感想を言いがたい石像の横に「テニス」の文字を発見。汗

 

近寄ってみるとテニスコートが4面ありました!

宿泊客はテニスができるようで、ラケットやボールのレンタルもしているようです。

学生グループも見かけたので、テニスサークルの合宿所としても利用されているのかもしれません。

 

そして、こちらが私たちが泊まったコテージです。

木の温かさを感じられる造りで、コテージに来たワクワク感が高まります!

はなこ
これは、まさに思い描いていた THE コテージ!

同じような雰囲気のコテージが敷地内に何件か建っていて、どこも宿泊客がいるようでした。

ほはば
結構人気があるのかも!

 

入口のちょっとしたデザインがお洒落ですね~。

 

各コテージの横には車の駐車スペースと、屋根付きのバーベキュー場が設置されていました。

バーベキュー用の器材や焚火セットのレンタルもしているようです。

コテージといえばやっばりバーベキューですよね!

 

いよいよコテージの中に入ります!

玄関を入ると、すぐに大きなリビングが広がっていました。

コテージの中も"木"を感じられるお洒落な雰囲気でした。

 

窓際にはのんびりと座ることのできるスペースもありました。

 

窓の外には森!森!!森!!!

森以外何も見えません。

ほはば
これぞ非日常!

 

1階には、リビングの他にドアで仕切られた洋間が2部屋ありました。

こちらの部屋にはこたつもあったので、冬でも温かく過ごせそうですね。

はなこ
ふすまの柄が可愛い~!

こんな細かいところにベルエールの森のコテージのこだわりを感じました。

 

もう1部屋の洋間はこんな感じでした。

こちらの部屋も、ステンドグラス風な窓がお洒落です。

こういうコテージや旅館に泊まると、布団が薄くて背中が痛くなるのがいつものことですが、

こちらのコテージは奥に立てかけてあるマットレスの上に布団を敷くスタイルでした!

マットレスがあるだけで、背中が痛くなることなくフカフカ快適に眠ることができました。

ほはば
旅行先でも睡眠は大事だよね。

 

続いて、水回りもチェックしてみましょう!

こちらは脱衣所です。

コテージの管理人の方が「うちは掃除に力入れてます!」なんて言っていましたが、

確かに隅々まで掃除されていて清潔感がありました。

 

お風呂もまだ新しそうで、とても綺麗でした。

ほはば
浴槽が広くて子どもと一緒に入りやすいね!

私が身体を洗っている時、9か月の娘は持参したお風呂用のベビーチェアに座らせてましたが

広々しているので、いつも通りに娘とお風呂に入ることができました。

 

トイレは、かなり広々とした空間!

こちらもしっかりと掃除されていて綺麗でした。

 

リビング横のキッチンには冷蔵庫や電子レンジ、炊飯器など何でも揃っていました。

 

お皿もこんなに沢山!

かなり大人数で泊まっても大丈夫そうです。

 

2階にはこんなに広々とした秘密基地のようなスペースが広がっていました!

階段さえ気を付けていれば、子どもたちを遊ばせておくのにピッタリです。

我が家の娘もこの広い空間に大興奮!

端から端までずっと楽しそうにハイハイしていました。汗

普段、家にいる時はこんなに広い空間で娘を遊ばせることができないので、娘が満足そうで私も大満足でした!

 

最後に

今回の旅行中、車から景色を見ていて改めて思いましたが、軽井沢って別荘が本当に沢山あります。

もちろん個人所有のものも沢山ありますが、今回私たちが泊まったように宿泊施設として利用できるコテージも山のように選択肢があります。

ただ、寝室として使える部屋が数部屋あって、大人数で泊まれるとなると、理想の宿を見つけるのはなかなか大変でした。

そんな中見つけたのが、今回泊まった『ベルエールの森』のコテージ。

大人数で泊まれて、バーベキューができて、少しお洒落でお値段も高くない!

おまけに周辺施設も充実していたので、色々と観光もできて、とても楽しい旅行となりました!

今年はぜひ、真夏でもクーラーがいらない避暑地、軽井沢のコテージに泊まってみてはいかがでしょうか?

 

-旅行記

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.