LIFE

アベンジャーズに登場する6つの石!インフィニティ・ストーンの力とは?

2018年4月30日

 

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で重要なアイテムとなる「インフィニティ・ストーン」

 

過去の関連作品で色々な「石」が登場しているのは知っているけど、整理がついていない人も多いはず。

 

それぞれの石について、ちゃんと説明してくれているシーンって実は無いんですよね。

 

という事で、この記事ではアベンジャーズを楽しむにあたって絶対に押さえておくべき「インフィニティ・ストーン」について紹介しています!

 

無料で今すぐ見たい方

» Disney+ (ディズニープラス)の初月無料を利用して見る(※おすすめです)

» U-NEXTの31日間無料トライアルを利用して見る

 

 

そもそもインフィニティ・ストーンとは

「宇宙誕生以前に存在した6つの特異点が、大爆発によって宇宙が生まれた時に残骸となり、6つのエネルギーの結晶へと姿を変えたもの」と「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の劇中、コレクターことティヴァンが説明しています。

 

ブルー、レッド、パープル、イエロー、グリーン、オレンジ色に輝く6つの結晶は、それぞれが異なるパワーを秘めているようです。

 

インフィニティ・ストーンを意のままに操れるのは、並外れた力を持つ者のみと言われ、6つ全ての石を手元に揃えた者が指をパチンと鳴らすだけで、全宇宙の半分の生命を滅ぼせる脅威となる。

 

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」では敵となる「サノス」がこれらインフィニティ・ストーンを集めるべく本格始動し、それをアベンジャーズが阻止していく攻防が描かれています。

 

 

各インフィニティ・ストーンの初登場作品は?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Avengers: Endgame(@avengers)がシェアした投稿 -

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で鍵となるアイテム「インフィニティ・ストーン」は過去の関連作品でほとんどが登場しています。

 

インフィニティストーン初登場作品
スペース・ストーンマイティ・ソー
マインド・ストーンアベンジャーズ
リアリティ・ストーンマイティ・ソー/ダーク・ワールド
パワー・ストーンガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
タイム・ストーンドクター・ストレンジ
ソウル・ストーンアベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

 

所在が謎のままだった「ソウル・ストーン」は「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で登場しましたので、これで全種類が出揃いました。

 

 

各インフィニティ・ストーンの特徴

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Avengers: Endgame(@avengers)がシェアした投稿 -

スペース・ストーン

青色のインフィニティ・ストーンは「スペース・ストーン」と呼ばれ、立方体型のアイテム「四次元キューブ」に収められています。

 

四次元キューブは、異次元への扉である「ワームホール」を作り出し、あらゆる場所に瞬時に移動できるインフィニティ・ストーンです。

 

「アベンジャーズ」ではロキが「スペース・ストーン」のパワーを使って地球と異次元をつなぐワームホールを開き、チタウリの艦隊を呼び寄せていました。

 

 

マインド・ストーン

黄色のインフィニティ・ストーンである「マインド・ストーン」は、あらゆる存在の精神に侵入し、支配・制御・操作することができるパワーをもってます。

 

「アベンジャーズ」でロキが使っていた杖に使用されています。

 

そのため「ホークアイ」や「エリック・セルヴィグ博士」が精神を操られてしまったのは、このマインド・ストーンのパワーによるものでした。

 

「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」ではこの「マインド・ストーン」から様々なキャラクターが生み出されていました。

 

ヒドラの幹部バロン・フォン・ストラッカーは、人体実験により改造人間であるマキシモフ姉弟(スカーレット・ウィッチとクイックシルバー)を生み出し

 

ヒドラからロキの杖を奪還したアベンジャーズは、トニー・スタークの身勝手な好奇心により人工知能「ウルトロン」を作り、地球滅亡の危機を招いてしまいました。

 

失態を犯したトニーはバナー博士(ハルク)と協力し、人工皮膚細胞テクノロジーと「マインド・ストーン」によって生み出された人工肉体クレードルに

 

人工知能「ジャーヴィス」をアップロードし、マインド・ストーンのパワーを手にした最強の人造超人「ヴィジョン」を誕生させました。

 

 

リアリティ・ストーン

赤色のインフィニティ・ストーンは「リアリティ・ストーン」と呼ばれ、液体状の兵器「エーテル」として登場しました。

 

液体だったのでインフィニティ・ストーンと関係しているのか、当時はよく分からなかったんですよね 汗

 

「リアリティ・ストーン」は、宇宙をビッグバン以前の状態に戻すことができるパワーをもっています。

 

「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」ではマレキスがこれを悪用、5千年に一度やってくる「惑星直列」のタイミングでエーテルを使用し、リアリティ・ストーンの破壊力を最大化しようとしていました。

 

パワー・ストーン

紫色のインフィニティ・ストーンである「パワー・ストーン」は、いとも簡単にあらゆるものを破壊できるパワーを持っています。

 

貧弱な者がパワー・ストーンに触れると、一瞬で焼き尽くされてしまうという・・・。

 

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」ではサノスとの約束で「オーブ」として入手したロナンが、オーブが「パワー・ストーン」である事に気付いたため、サノスを裏切りオーブの力を自らに取り込み使用していました。

 

ロナンも焼き尽くされると思いきや、自身の武器であるハンマーを媒介することで、ストーンの破壊に耐え生き延びるなんて裏技を披露。

 

この状態でもしサノスに挑んでいたら、サノスも苦戦を強いられた事でしょう。

 

タイム・ストーン

緑色のインフィニティ・ストーンである「タイム・ストーン」は、時間を自由自在に操る力を持っています。

 

かつて何千年も昔に活躍した魔術師の「アガモット」によって作られた「アガモットの目」の中に収められています。

 

時間を進める事も戻す事もできる正真正銘のチートアイテムで、「ドクター・ストレンジ」の劇中では、ドルマムゥが襲来した際、ストレンジは「タイム・ストーン」の力を使い無限ループ地獄にドルマムゥを陥れました。

 

サノスに対抗する時もまた披露してほしいチート技です。

 

ソウル・ストーン

所在が分からなかった「ソウル・ストーン」は、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で惑星ヴォーミアという場所にあることが判明しました。

 

「愛するものの犠牲」が入手条件という事で、現場立会い1人では実質入手不可という厳しいもの。

 

しかしそのパワーについては謎のままです。

 

まとめ

過去の関連作品で登場している「インフィニティ・ストーン」にはそれぞれ異なる特色があることが分かったと思います。

 

いずれにせよ、どれもチートアイテムである事には違いありませんので、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」でサノスの手に渡れば宇宙全域が大変な事になるのは必至です。

 

どの作品にどの「インフィニティ・ストーン」が登場するかを意識しながら過去作品を振り返って見返してみると

 

また一段と理解が深まって「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」が楽しめると思います。

 

無料で今すぐ見たい方

» Disney+ (ディズニープラス)の初月無料を利用して見る(※おすすめです)

» U-NEXTの31日間無料トライアルを利用して見る

 

-LIFE

© 2021 今日の歩幅