LIFE

Excelとは違った!Wordでコネクタが繋がらない時の対処法を紹介!

2019年9月15日

 

あなたはワードを使っていますか?

 

私は普段エクセルを使うことが多いので、ワードを使うことはほとんどありません。

 

そんなワード不慣れな私ですが、先日久しぶりにワードを使う機会がありまして…。

 

エクセルでは普通にできていたことがワードではできない!!

 

ということがありました。

 

いろいろと試行錯誤して、解決するまでにかなり時間がかかり、なかなか大変でした…。

 

パパ
何それ??

 

どういうことかと言うと…
ママ

 

2つの図形をコネクタで繋ぎたかったのですが、エクセルのようにうまいこと繋がらなかったのです。

 

パパ
なるほど。知ってる人からしたら簡単なことなんだけどね~。

 

この記事では、ワード初心者の私がつまずいた『ワードで2つの図形をコネクタを用いて繋ぐ』方法について紹介したいと思います。

 

 

そもそもどういうこと?

エクセルの場合

まず、「挿入」→「図形」→「(四角い図形)」を選択して、図形を作成します。

 

コネクタで繋ぐための2つの四角い図形を作成しました。

 

続いて、「挿入」→「図形」→「(矢印コネクタ)」を選択して、コネクタを作成します。

 

2つの図形を矢印コネクタで繋ぎました。

 

ママ
矢印コネクタと四角い図形の接点が赤くなってる!

 

パパ
それはコネクタがくっつく相手を認識している時の合図だね。

 

ワードの場合

続いて、ワードでも同じことをやってみます。

 

「挿入」→「図形」→「(四角い図形)」を選択して、図形を作成します。

 

 

コネクタで繋ぐための2つの四角い図形を作成しました。

 

先程と同じように、「挿入」→「図形」→「(矢印コネクタ)」を選択して、コネクタを作成します。

 

2つの図形を矢印コネクタで繋いでみると…

 

ママ
矢印コネクタと四角い図形の接点が赤くならない!

 

パパ
これはコネクタがくっつく相手を認識できていないねー。

 

 

ワードでコネクタを繋げるためにやったこと

それでは、いよいよ、ワードでコネクタを用いて図形を繋ぐにはどうしたらいいのか、対処法を確認していきましょう。

 

ワードで図形とコネクタを繋ぐことができなかった画面からの続きです。

 

「挿入」→「図形」→「新しい描画キャンバス」を選択します。

 

 

描画キャンバスの枠が現れました!

 

先程貼り付けた図形を選択し、「Ctrl」+「X」で切り取ります。

 

まずは、描画キャンバス枠内のどこかを一度クリックし、描画キャンバスが選択されている状態にします。

 

その状態で「Ctrl」+「V」をして、先程切り取った図形を描画キャンバス上に貼り付けます。

 

 

同じように、全ての画像と矢印コネクタを一度切り取り、再度描画キャンバス上に貼り付けます。

 

それでは、再び矢印コネクタと図形を繋いでみます。

 

 

図形と矢印コネクタの接点が赤くなりました。

 

パパ
コネクタがくっつく相手を認識できた合図だね!

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

ワードでコネクタを用いて図形を繋ぎたい場合、以下のような手順を踏む必要があることが分かりました。

 

ココがポイント

  • 「新しい描画キャンバス」を設置する
  • 描画キャンバスを選択した状態で図形やコネクタをその上に設置する

 

知っている人からしたらなんてことないことなのかもしれませんが…。

 

エクセルはよく使うけどワードはちょっと苦手という人には

 

私のように意外とつまずくポイントかもしれません。それでは。

 

-LIFE

© 2021 今日の歩幅