LIFE

【ヴェノム2】カーネイジの正体とは?ヴェノムとの違いや能力を解説

ヴェノム2 カーネイジ

 

悩んでる人
ヴェノムに登場するカーネイジって何者なの?ヴェノムとの違いってなに?

 

 

こんな疑問にお答えします。

 

2018年に公開され大ヒットした映画「ヴェノム」から3年。その続編にあたる『ヴェノム2』がいよいよ公開となります!

 

今作では、ヴェノムやスパイダーマンにとって最強の敵である『カーネイジ』が登場します。

 

カーネイジと言えば、原作ではスパイダーマンやヴェノムよりも圧倒的に強く凶悪なキャラクター。

 

映画『ヴェノム2』ではどのようにヴェノムと対峙するのか、非常に気になるところです!

 

というわけで、この記事では、カーネイジの正体や、ヴェノムとの違いについて解説しています!

 

 

ヴェノム2の予告映像

 

 

そもそもヴェノムって何者?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Venom(@venommovie)がシェアした投稿

 

ヴェノムとは、「スパイダーマン」に登場する悪役(ヴィラン)で、第二のスパイダーマンとも言える存在です。

 

このヴェノムをデザインしたのは、「スポーン」の作者で有名なドッド・マクファーレンなのですが

 

キャラクターの凶暴性や謎めいたところが多いことから、ファンの間では大変人気のあるキャラクターです。

 

登場初期の頃は「悪のスパイダーマン」といった役どころに過ぎませんでしたが、完全な「悪」とは言えないキャラクター性や活躍っぷり

 

そして、ヴェノムよりも凶悪極まりない「カーネイジ」というキャラクターの登場などもあり

 

ヴェノムは悪役ではなくスパイダーマンのライバルという立ち位置で定着しました。

 

 

ヴェノムの正体とは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Venom(@venommovie)がシェアした投稿

 

スパイダーマンの宿敵「ヴェノム」の正体は、「シンビオート」と呼ばれる地球外の寄生生命体です。

 

「ヴェノム」というは固有名詞で、人間にシンビオートが寄生したことで「ヴェノム」呼ばれるようになります。

 

なので、他の人間にシンビオートが寄生し共生した「カーネイジ」などのキャラクターもいます。

 

不思議な設定が、この「シンビオート」自身にも意志があるという点です。

 

したがって、寄主とシンビオートで会話をすることも可能というわけです。

 

寄生された人間は超人的な腕力や俊敏性、さらには肉体の異様な回復力を得ることができます。

 

それに加え感情や衝動をシンビオートと共有することで、さらに強い力を発揮できるようになります。

 

シンビオートとの共生体であるため、一人称は「俺たち(We)」となります。

 

 

スパイダーマンとの関係とは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Spider-Man(@spiderman)がシェアした投稿

 

原作では、ヴェノムはスパイダーマンのヴィランとして描かれています。

 

サム・ライミ監督の「スパイダーマン3」(2007)では、原作と同じ内容で登場しています。

 

この時の映画では、シンビオートが隕石とともに地球に飛来して、ベンおじさん殺害の真犯人への恨みにかられたピーターに寄生しました。

 

その結果、ブラックスーツが特徴の「ブラック・スパイダーマン」が誕生しました。

 

その後、寄生体(シンビオート)の存在やその中毒性、危険性に気づいたピーターは、シンビオートとの離別を決意。

 

シンビオートの嫌がる金属音を教会の鐘の音で代用し、なんとかシンビオートを自分の体から引き剥がすことに成功しました。

 

スパイダーマンから離れたシンビオートが次に寄生したのは、デイリー・ビューグル紙のカメラマンとして活躍する一方で、ピーターを妬む「エディ・ブロック」でした。

 

まとめると

 

シンビオートとして宇宙から地球に飛来

スパイダーマンに寄生
(スパイダーマンの能力をコピー)

スパイダーマンから離れる

エディ・ブロックに寄生

ヴェノム誕生
(スパイダーマンの能力が使える)

 

といった感じですね。

 

映画『ヴェノム』では、スパイダーマンは登場しませんでしたが、シンビオートに寄生されヴェノムとなったのは『エディ・ブロック』なので、寄主の設定は原作と同じです。

 

ヴェノムを今すぐ無料見たい方

 

 

ヴェノム最強ヴィラン「カーネイジ」の正体とは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Venom(@venommovie)がシェアした投稿

 

原作でカーネイジは、ヴェノムに続いて誕生した「第3のスパイダーマン」という位置付けです。

 

「カーネイジ」というキャラクター、名前の意味は「大虐殺」

 

ダークヒーロー的な立ち位置の「ヴェノム」と異なり、カーネイジはとにかく凶悪かつ冷徹な悪です。

 

寄主の名前は「クレタス・キャサディ」という囚人。

 

クレタスは、元より人類全てが死ねばいいなどと考えている凶悪な殺人鬼で、かつて投獄されたエディとは同室にいた人物です。

 

原作だと、エディはシンビオート・コスチュームを手に入れて「ヴェノム」となり脱走しました。

 

脱走に失敗したクレタスは監獄に足止めと思いきや、監獄に残存していたシンビオートの一部が、クレタスの凶悪性に呼応するかのようにクレタスと合体し、最強最悪の「カーネイジ」が誕生しました。

 

前作『ヴェノム』のエンドクレジットシーンでも、ウディ・ハレルソン演じるクレタス・キャサディが囚人として登場しています。

 

そこで彼は、「俺がここを出たら大虐殺(カーネイジ)になるぞ」と、カーネイジ登場を匂わせる発言をして物語は終幕します。

 

ヴェノムを今すぐ無料見たい方

 

 

ヴェノムとカーネイジの違いとは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Venom(@venommovie)がシェアした投稿

 

カーネイジがヴェノムと異なる点は、快楽で殺人を侵す凶暴性とその力の強大さです。

 

超能力と怪力においては、スパイダーマンはおろか、ヴェノムも上回っています。

 

カーネイジの出現に際して、原作ではスパイダーマンとヴェノムが手を組んだほどでしたが、2人の力を持ってしてもカーネイジを投獄するのがやっとでした。

 

映画『ヴェノム2』に登場するカーネイジは、ヴェノムと異なるの能力として次のようなことができるようです。

 

  • 霧状に姿を変える
  • あらゆる形状の蔦になれる
  • 体の一部を変化させ武器化できる

 

また、アンディ・サーキス監督は、カーネイジについて、次のようにもコメントしています。

 

すべてのシンビオートは、その宿主である人間の性格を反映している。だから、カーネイジ(クレタス・キャサディ)の闇や、遊び心、咄嗟の鋭い知恵、奇妙さを表現することができる。クレタスは本物の知性とユーモアのセンスを持っているので、彼とリンクしているシンビオートにそれを反映させた。

GNインタビュー内容より引用

 

 

まとめ:スパイダーマンの登場が今後を大きく左右する!

この記事では、ヴェノムやカーネイジについてご紹介してきました。

 

残忍ではあるものの、あくまでダークヒーローという立ち位置であるヴェノムに対し、寄主の残忍な性格がシンビオートと呼応し凶悪極まりない存在となったカーネイジ。

 

原作では、宿敵であるスパイダーマンと手を組まなければ、どうすることもできないほどの相手でした。

 

なので、私個人としては、『スパイダーマン』の登場なくして、ヴェノム2は終われない気がしています。

 

それだけではなく、今後の物語の広がりにおいても、スパイダーマンはとても重要な意味を持つと思います。

 

マーベルスタジオの社長である『ケヴィン・ファイギ』は、スパイダーマンについて『複数のシネマティック・ユニバースを行き来する唯一のヒーロー』とコメントしています。

 

今作のヴェノム最大のピンチに、SONY、マーベルの垣根を飛び越え、スパイダーマンが登場する展開に期待したいところですね!

 

ヴェノムを今すぐ無料見たい方

 

-LIFE

© 2021 今日の歩幅