好きなことをコツコツ情報発信していくブログ

ハワイ

ココヘッド・トレイルはレールの階段一本道!スリルと絶景の人気スポットを紹介!

投稿日:2018年4月1日 更新日:

ハワイ・オアフ島のトレイルコースといえば「ダイヤモンドヘッド・トレイル」が有名ですが、近年、同じくらい有名になってきたのが「ココヘッド・トレイル」です。

最近ではハワイに関する雑誌や番組、SNS等でよく見かけるようになりましたが、何年か前にとんねるずのノリさんがお正月の番組で自分で登って紹介していたので、それがきっかけで一気に日本に知れ渡ったんじゃないかと勝手に思っています 笑

この記事ではそんな「ココヘッド・トレイル」について紹介します!

 

 

ココヘッドとは?

オアフ島の東側にあるココヘッドは、「ココヘッド・ディストリクト・パーク」という公園内にあり、約1万年前にオアフ島最後の火山活動によって形成された小高い山です。

正式名称は、「コーコー・クレーター

標高は368メートルなので599メートルの高尾山よりも小ぶりの山です。

ココヘッドの頂上には第二次世界大戦中に使用した通信基地跡があり、当時は頂上への物資運搬のためにトロッコを使用していたそうです。

そのトロッコのレールが今も残っていて、そのレールの枕木一段一段を登って行くのが「ココヘッド・トレイル」というわけです。

 

ココヘッド・トレイルへの行き方

ココヘッドへはThe Bus(いわゆる市バス)かレンタカー、もしくはツアーに申し込んで行くことができます。

 

バスの場合はカラカウア通りのOlohana Ave + Kalakaua Aveバス停まで歩きそこで22番バスに乗ります。(バスの正面に「22 The Beach Bus HANAUMA BAY」と書いてあります)

 

降車するのはハナウマ湾に入る手前のバス停です。降車後、道路を渡るとゲートがあるのでそこを通り、約10分ほど歩くとココヘッド・トレイルの入り口に到着します。

 

レンタカーで行く場合は、「ココヘッド・ディストリクト・パーク」を目指してください。私たちはレンタカーで行きましたので、以下「コース紹介」のところで掲載しているのはココヘッド・ディストリクト・パーク駐車場からです。

 

 

営業時間

営業時間:無し

駐車場のあるココヘッド・ディストリクト・パークは日の出から日没まで開園しています。(入場料は無料です)

 

 

トイレや売店は?

ココヘッド・ディストリクト・パークにはトイレがあるので、トレイル前にここで済ませておくといいと思います。(ココヘッドにはありません、あるのは草木とレールだけです笑)

トイレはありますが売店等はありません、なので飲み物等は持参していきましょう。

ココヘッドに木陰はほとんどありませんので、登っているととにかく喉が乾きます。

500mlのペットボトルだと最低2本は欲しいところです。(私は荷物になると思い、1本だけにしたのですがこれが誤り、全然足りませんでした 涙)

 

 

コース紹介

ココヘッド・ディストリクト・パークの駐車場の様子。結構な台数が停められますが、平日の午前中からそれなりに埋まっていました。

 

駐車場からトレイルコース入り口までは大体10分ほどで着きます。

 

駐車場の出口、管理人はいませんでしたが、怪しげな人影ならぬ鳥影・・・。(分かりますかね、朽木の上のアフ○ック的な鳥)

 

前方にココヘッド。私たち同様、これからココヘッドへ挑む人たちが前方に見えます。

 

空を見上げれば電線に引っかかる靴の数々。え?どうした?

 

左手には野球場。頂上から見たらどんな感じに見えるのだろうか?

 

そして登山口に到着。登山口と言っていいのかな?汗 レールの先端のここからココヘッド・トレイルスタートです!

 

初めの内は地面にレールの枕木が敷かれているのですが、途中から↑のように立体的な構造になるので、足を踏み外すと大変なことになります。

弁慶の泣きどころを強打する程度ならまだいいですが(これも嫌ですね汗)、レールの間からすっぽり抜けて下に落ちてしまわないよう要注意です。

また雨が降ってくると枕木は大変滑りやすくなるのでその点も気を付けてください。

 

レール高さが怖くて進めない人は、レールの右に迂回ルートもあるので、ここから登って行くこともできます。(途中からレールコースへ合流します)

 

レールを真横から見ると、結構劣化していてボルトが取れている箇所も・・・。不安要素アップ!汗

 

レール立体ゾーンが終わるとまた山の斜面(地面)にレールが敷かれてきます。するとそこから斜面の角度が急になり、一気にしんどくなります。

休憩する場合はレールから脇に外れましょう。木陰のある場所もあるので、景色も楽しみながら休み休み登りましょう。

 

ここで振り返るといい眺め!行きに見た野球場があんなに小さく見えます。

 

そして頂上へ到着!途中休憩も挟んだりしたので45分ほどで来れました。

遠くに見える岬がダイヤモンドヘッドでその右隣がワイキキのホテル群です。

 

頂上からはシュノーケリングで有名なハナウマ湾も見えます。

 

ココヘッド トレイル コース

帰りは来た道を下ります。行きより足は疲れていると思うので、行き以上に慎重に下りていきましょう。

 

 

まとめ

ココヘッド・トレイルはマカプウ・ポイントのトレイルコースと比べると圧倒的に足場が悪いです。なので小さい子供と行くコースとしてはオススメできません。

ただ、コースとしては特殊で面白く、日本では体験できないものなので、興味のある方は是非とも挑戦してみてください。

頂上までの道のり、高低差のハラハラ、登頂後の絶景はきっといい思い出になると思います!

 

VELTRA

゜:*★ハワイのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

 

 

-ハワイ

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.